Photo Gallery

日本航空(JAL)は7月12日、来年の夏ダイヤが始まる、
2018年3月25日より、成田-ソウル/仁川線を運休すると発表しました。
このことにより、JALは仁川から撤退することになります。

DSCF0632_convert_20170713203458.jpg
成田-ソウル/仁川線に使用している機材、B737-800型機

【いよいよ恐れていたことが現実に】
それは、あまりにもあっけない結末でした。
まさか、成田発のソウル行が姿を消すとは思ってもみませんでした。
それどころか、成田発午前便の951便の復活を長らく待ち望んでいただけに、
今回の成田発、ソウル/仁川線の撤退は、
自分にとっては、少々大袈裟ではありますが、裏切られたという思いでいっぱいです・・・
それでも、今回の発表は、心のどこかで覚悟は出来ていたという思いと、
いよいよ恐れていたことが現実になったかという思いでいっぱいであります。

【搭乗率、採算性が悪かったのか?】
搭乗率は決して悪くはなかったと思いますが、
採算性の面で、成田―仁川線は韓国系LCCが仕掛けた価格競争が激化し、
「単価下落が顕著で収支改善が見込めなかった」(JAL広報談)
という理由があるようです。
確かにここ近年、韓国系LCCの進出が著しく、価格も安価なことから、
価格重視の韓国通にとっては、韓国へとても行きやすくなったのは事実です。
(自分も価格重視の時は、利用させていただいております。)
しかし、価格よりも内容重視の時は、断然にJALのサービスが有難かった。
逆にそんなところが、採算が見込めなかったのも頷けますが・・・

【非常に残念、いつか必ず復活を望む!】
自分にとっては、思い出がたくさん詰まったJALの成田―仁川線。
JALのこの路線が無かったら、今の自分は無かったかも?
と言っても過言ではないほど、出発前に韓国への夢を馳せた花形路線です。
確か、過去記事で、LCCの就航によって、韓国に行きやすくなると書いた記憶がありますが、
今となっては後悔も後の祭りです。
機内食があって、アルコールのサービスもある。
多少運賃は張っても、旅の楽しみはやはり外せない。
今はそんな思いの方が断然強くなりました。
今回の発表は非常に残念、いつか必ず復活することを望んでいます!

再び、成田から仁川へJALの翼で行く日を夢見て・・・
(タイミングを見計らって、撤退までに搭乗出来るかどうかを思案中です^^;)

参考:成田-ソウル(仁川)線の運休について - JAL国際線
(日本航空ホームページより、リンクさせていただいております。)
DSCF2894_convert_20170630224444.jpg
今回の旅行に行く前に、
なぜか無性にテジカルビが食べたくなりました。

DSCF2895_convert_20170630224519.jpg
じゃ、また韓国のブロガーさんの記事で、美味しそうなお店を見つけよう!

ということで、
行ってみたお店がこちら、

DSCF2888_convert_20170630224030.jpg
テジカルビ一人前が8,000ウォンです。
最近、ソウルでは12,000とかしますから、
自分は率直に安いなぁと思うのですが、どうでしょう?

20170623_180953.jpg
それに、とにかくこちらのお店、綺麗!
ご家族で経営されてるようで、隅々まで清掃が行き届いていました。

DSCF2890_convert_20170630224215.jpg
パンチャンが並びます。

DSCF2891_convert_20170630224249.jpg

DSCF2892_convert_20170630224323.jpg

DSCF2893_convert_20170630224402.jpg

DSCF2889_convert_20170630224115.jpg
そして、こちらも楽しみにしておりました!
大邱の焼酎は 맛있는 참(マシンヌン チャム)です!
瓶が凍っていて、キンキンに冷えてる感じが有難いです♪

20170623_173555.jpg
待ちに待ったテジカルビ!

20170623_173648.jpg
焼きます♪

20170623_174430.jpg
サンチュやえごまの葉で、

20170623_174503.jpg
巻いて食べます。(肉が見えてなくてスイマセン)
旨いっ!

20170623_174127.jpg
熱々のケランチムまでいただきました~
美味し過ぎて、大満足過ぎて、感無量( ノД`)シクシク…

20170623_183620.jpg
お会計は28,000ウォン。良心的価格だわぁ~
(こちらのお店、テジカルビは3人前からの注文でした。)

20170623_183543.jpg
安くて、美味しくて、綺麗なお店発見!
大邱に来たら、また来させていただきます!

20170623_183653.jpg

풍년화로(プンニョンファロ)
場所: 대구광역시 동구 과학로6길 8
時間:12:00~22:00
行き方:追記をご覧ください。
空港を出て、今回の旅でお世話になるホテルへ向かいます。

20170623_151225.jpg
大邱国際空港からは、「동구2」(東区2)のバスに乗車。
バスはT-moneyが使えます。乗車時と下車の際に読取機にタッチ。

DSCF2884_convert_20170630223652.jpg
空港から7つ目のバス停「クィーンベルホテル前」で下車。

大邱の中心地からは離れていますが、
今回は帰国便が早朝であることを考え、空港に近いホテルを選びました。

DSCF2883_convert_20170630223619.jpg
クィーンベルホテル(퀸벨호텔&웨딩 )

DSCF2885_convert_20170630223722.jpg
すごく綺麗なわけでもなく、汚いわけでもなく・・・

DSCF2886_convert_20170630223803.jpg
お値段もお手頃で、弾丸の韓旅には持って来いの至って普通のホテルという感じです。

DSCF2887_convert_20170630223844.jpg
窓からの景色も、韓国に来たなぁという感じ^^;
朝食バイキングが込みでしたので、翌朝行ってみました。
そのお写真は、また後日に。

フロントには日本語が出来る方がいらっしゃいました。

結婚式場も兼ねていることもあり、
結婚式が無い日は静かでしたが、
土曜日は、ジューンブライドということもあり、
結婚式の招待客が宿泊して、館内が多少ざわついていました。

20170625_064752.jpg
空港から(空港へ)は、「719」のバスでも可です。

20170625_064801.jpg
ホテルから空港は7つ目で、とても近いです。

ちなみに、地下鉄駅が近くにありますが、空港へは行きません。
大邱の中心地、中央路、大邱駅方面へ行かれる場合は、地下鉄にご乗車出来ます。
(自分たちはバスマニアなので、バスで行きました^^;)

20170625_064909.jpg
ホテルの外観です。いつもながらにゆっくり寛がせていただきました♪


クィーンベルホテル (퀸벨호텔&웨딩) 
場所:大邱広域市東区芳村洞200  
    대구광역시 동구 동촌로 200

(地図は、Google mapsさんよりリンクさせていただいております。)
韓国のお肌を守るミスト、アコード・メイヤーオリジナルミストをご紹介します。

オリジナルミスト
OEII (오이투)、アコード・メイヤーオリジナルミストは、
除毛後や髭剃り後の敏感になった肌、
日焼けした肌の鎮静、冷却効果、
乾燥時の保湿など、
一年中、肌のトラブルに対応することが出来るそうです。

それだけではなく、
アトピー性皮膚炎やあせもなど、
肌にトラブルを抱えている方にもオススメだそうです。

その理由は、
天然ココナッツオイルから抽出された
脂質成分を使用しているからなんだそう・・・

もちろん、
トラブルが無くとも、
毎日の肌のケアでも使えます。

20170702_110535.jpg
(※ 現在はニューモデルがリリースされているそうです。)
なので、自分は朝の洗顔後に使用しています。
ベトベトしていないので、朝からしっとりさっぱり保湿出来ます。
(あくまでも、個人的感想です。)

長年、アトピー性皮膚炎に悩まされている妹にも送りましたが、
いい感じで使えているようです。
(個人差があることをご了承ください。)

20170702_110556.jpg
クリームやボディパッチを併用するとより効果的とのことです。

ご興味のある方は、ホームページ(日本語対応)などをご覧になってみて下さい。


CURE+gen 큐어젠
ホームページ:
Face Book:
ブログ:
DSCF2862_convert_20170630222550.jpg
以前の記事でもお話しましたように、
エアプサンさんが、6月8日より成田⇔大邱線を就航いたしました。

4月に1週間だけ、就航を記念した特別運賃、片道4,000円を発売。
往復の航空運賃に諸税を合わせて1万円ちょっとというお値段でしたので、
友人の即決とともに即購入しました。

大邱へは2011年1月以来、6年半振りに訪れます。

DSCF2863_convert_20170630222634.jpg
成田第一ターミナル、55番ゲートより出発。

DSCF2865_convert_20170630222735.jpg
この日の乗客は7割程度。
自分たちの前後の席には乗客がいなくて、
気持ち的にとても楽でした。

搭乗客は、
韓国人8割、日本人2割の比率でした。

DSCF2866_convert_20170630222826.jpg
離陸後、太平洋上でUターン。

DSCF2867_convert_20170630222854.jpg
今、離陸してきたばかりの成田空港を眼下に見ながら、
一路西へ向かいます。

DSCF2870_convert_20170630222942.jpg
エアプサンはLCCでありながら、
機内食を無料でいただくことが出来ます。

DSCF2872_convert_20170630223030.jpg
とても有難いです♪

DSCF2876_convert_20170630223107.jpg
소불고기 브리또(牛プルコギ ブリトー)
熱々で、韓国風の味付けでとても美味しかったです!!
(毎度、食べかけ画像で申し訳ございません・・・)

DSCF2877_convert_20170630223151.jpg
長野県の諏訪湖が見えます。

更に、エアプサンはLCCでありながら、
前後の座席の間隔が十分に広いのです。
お蔭様で楽々足も組めちゃいました(笑)

DSCF2878_convert_20170630223240.jpg
手荷物は一人一個、20Kgまで良いのも、
安く旅をしたい旅行者にとって、本当に有り難いことです。

何だか愛着さえ湧いてきますよ~
頑張ってるなって。

DSCF2879_convert_20170630223323.jpg
エアプサンには忘れられない思い出もあるしね・・・

DSCF2880_convert_20170630223407.jpg
さて、間もなく大邱に到着です。

韓国上空からの写真撮影は禁止されていますので、
ここからは写真がありません。
大邱の空港は、軍の設備も沢山あり、
韓国が休戦中であることを実感します。

大邱国際空港の入国審査はブースが3ヶ所で、
うち2つが韓国人専用のブース。
外国人は残る1ヶ所しかありませんので、
到着便が多い時は混雑するかもしれません。

自分たちの時も、ちょうどTway航空の沖縄からの便が到着して、
多少混雑しておりました。
また、荷物のターンテーブルはひとつしかないので、
預け手荷物は、どの便もそこから出て来ることになります。

DSCF2881_convert_20170630223450.jpg
入国後は大邱銀行で両替を。
ATMの海外キャッシングは日本語の対応もありました。

DSCF2882_convert_20170630223536.jpg
初!大邱国際空港!
前回はソウルからKTXで来ました。
成田から直行で来れるようになり、便利になりました!

WHAT'S NEW?