Photo Gallery

1日乗車券を使って、バスで小樽オルゴール堂に来ました。
面倒だからと買った1日乗車券、やっぱり便利です!

201408080.jpg
久しぶりの小樽オルゴール堂

「久しぶり」と言ったのは、
実はこのところ小樽には来ても、
ここに来ることはなかったんです。

201408081.jpg
今回、旅行前に妹に小樽へ行くことを告げると、
ピアノをやっている姪っ子にオルゴールをひとつ頼まれてしまったので、
正直、仕方なくといった感じでした。

201408082.jpg
でも、いざ来てみると、
煌びやかなオルゴールの数々にテンション上がりっぱなしでした(笑)

201408083.jpg
姪っ子へのオルゴールは天使のオルゴールに決定!

201408084.jpg
そして、母へも旅の記念にひとつ。

今は丁寧に梱包して自宅まで届けてくれるから、
とても便利です。

予想外にとても癒された場所でした。

しかし、中国語、韓国語が多く飛び交っています。
昔は日本人と少しばかりのロシア人だけだった記憶があるのですが・・・

201408085.jpg
そして、自分へのお土産はやはりここ。
余市と富良野の赤ワインをやはり別送で自宅へ送りました。

201408086.jpg
LeTAOでは、話題のチーズケーキやクロワッサンも送りました。

すべて家に送ったので、買った充実感はありますが、
身軽なので不思議です。
と同時に、何だかお財布まで身軽になったような・・・(^^;

201408087.jpg
15時過ぎ、小樽駅。
この列車は更に先の余市方面に行く列車。

余市にも一度行ったことがあるのですが、
またいつか行ってみたいなぁ。
あの頃はあんまりお酒は得意ではなかったので、
ウィスキーに会いに(笑)

201408088.jpg
小樽駅売店で買ったこれとともに札幌へ。

次はいつ来れるかな。

201408079.jpg
201408071.jpg
小樽運河に来ました!

すごい人の数です。
中国語や韓国語が多く飛び交っています。

母はここでしばし休憩しているとのことなので、
自分は少し散策に行きます。

201408072.jpg

201408073.jpg
少し離れた港。ここも2年前に発見して気に入った場所です。
あの喧騒が嘘のように、人が誰もいなくて静かです。

小樽運河まで戻ると、
母は九州からいらしたというお婆ちゃんと話が弾んでいました。
お婆ちゃんも家族が散策している間、ここで休憩していらしたそうです。

「待っている者同士お話しましょう。」
人生を長く生きたもの同士、そんな時はいとも簡単に友達になれるのですね!
そんなところが男性にはない女性の強さだと思う。

「お互いに元気でいましょうね!」
と握手をして九州のお婆ちゃんとお別れして、
そろそろ昼食です。

本当は『しかま』さん(2012/09/28)に行こうと思ったけど、
近くまでバスが行っていなくて、移動も大変なので適当なところで妥協(^^;

201408074.jpg
母の十種盛り。色んな種類が食べられます。

201408075.jpg
自分はサーモンいくら丼。
美味しかった!!大満足です♪

昼食後は、堺町通りの方へ行ってみます。

201408076.jpg

201408077.jpg

201408078.jpg


(Google Mapsより)
夏の北海道旅行2日目。

札幌から小樽へ向かう時の座席は、
迷わず進行方向の右側を選びます。

201408061.jpg
途中の銭函海岸から車窓に海が広がるからです!

自分は、小樽に向かう途中に見えるこの景色がとても大好きです!
快晴だったらもっと綺麗に見えたのに、今日はちょっと残念です。

そして、小樽に到着。

201408062.jpg

201408063.jpg

201408064.jpg

201408065.jpg

201408066.jpg
駅構内の天井付近に広がるランプの数々。

201408067.jpg
小樽にはもう何度も来ています。

来るたびに、色んな思い出が蘇ります。
札幌だけでも色々と見るところはいっぱいありますが、
やっぱり小樽に来てしまいます。

町全体が絵になって、
どことなく寂しげな雰囲気が漂っていて、
どことなく懐かしい気持ちになれる街。

ここも自分の中の将来住みたい街ベスト3に入るかな?
でも、冬は厳しいだろうなぁ。

201408068.jpg
小樽散策バスなる便利な交通手段があるので、
1日券を買ってバスで巡ります。

大して乗り降りしないので、都度バス代を払っても良いが、
いちいち大人2人分を払うのは面倒なので、あえて1日券を購入しました。

201408069.jpg
いざ出発!

201408070.jpg
最初はやはりあそこに向かいます。
201408052.jpg
久しぶりのすすきの!

一度行っていい所だなぁとかいいお店だなぁと思うと、
リピしてしまって、まったく冒険心のない自分・・・

今回も母親を連れて行ったので、
やっぱり外れのお店には行きたくない!ということで、

201408051.jpg
2年前に訪れた札幌和食 北国の味 三條亭さんを訪ねました。

旅行前日に、東京から電話で予約しました。

201408053.jpg
来るまでに散々飲んできたけど、やっぱりビール!
お通しも旨いっ。

201408054.jpg
母は烏賊が大好物。この烏賊刺しは全部母のもとへ・・・

201408055.jpg
帆立の酢の物。

201408056.jpg
東京はまだ真夏だった頃ですが、札幌ではすでに秋刀魚の刺身が出ていました。
今年は秋刀魚が不漁だそうで、お値段時価だったのですが、いったいいくらだったのだろう。
(このお店は全部母親持ちでした(^^;)

大トロのような濃厚さ!
いくらでも食べれちゃいます。
本当に旨かったー

201408057.jpg
こちらの名物でもある蟹しゅうまい。
蟹肉ぎっしり、ポン酢でいただきました♪

201408058.jpg
北海道名物、ザンギ!何でこんなに美味しいのだろう!?
釧路のザンギとは違うものだけど、この味付けは癖になります。

201408059.jpg
やっぱり赤!北海道は本当に食べ物が美味しいですねー
外国人観光客急増も納得です。

こちらの女将さん、穏やかで気取ってなくて素敵です!
今回もわざわざ外に出て、エレベーターの扉が閉まるまで見送って下さいました。

このお店に行くためだけに札幌に行きたいなぁ。
と思うくらい、絶対にまた訪れたいお店です!


札幌和食 北国の味 『三條亭』
場所:札幌市中央区南三条西4丁目 アーバン札幌ビル B1F
電話:011-222-5220
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜、祝日
ホームページ:(お店ホームページより)

(Google Mapsより)
201408041.jpg
今回の北海道旅行、往復の航空券にお金を掛けてしまったので、
宿泊代は安くおさえることにしました。

ということで、選んだのが札幌駅北口から徒歩2分くらいで行ける
ホテルルートイン札幌駅前北口にしました。

201408042.jpg
信号を渡って、今度はホテル側から見た札幌駅方面。
あれに見える高い高ーい(値段も高さも?)ホテルに泊まることも検討したけど・・・

安易に安いとか言っちゃってますが、
ルートインは、リーズナブルな値段の割には、
サービスは一流と言っても過言ではないくらい充実していて、
特に無料の朝食は、これが無料?って思うくらいに種類がとても豊富です!

栃木の足利(2013/11/07)ではもう何度も泊まっているし、
仙台や都内のルートインに泊まっても、どこも充実したサービスに変わりはありませんでした。

201408043.jpg
困った時のルートイン?(^^;

なので、札幌で安く泊まれる外れのないホテル・・・
ということで、今回も迷わずルートインに泊まることにしました。

201408044.jpg
部屋は9階の一番端っこ、駅側に面するツインルームでした。
枕元が隣の部屋に面していないので、煩いこともなく熟睡することが出来ました。

とは言っても、考えることは皆同じ・・・
自分たちは別館と呼ばれる旧館(古い方)の部屋だったのですが、
本来なら真新しい本館(いわゆる新館)の方に泊まりたかった・・・

予約したのが宿泊日の2ヶ月以上も前だったのですが、
この時点ですでに本館は満室だったのです。
札幌市内には他にも何ヶ所かルートインはあるのですが、
信じられないほど、どこもかしこも満室でした。

それだけ、ルートインファンは多いのですね。

201408045.jpg
ゆったりソファも有難かったです。

201408046.jpg
窓からの景色。防音になっているので、外の音は微かに聞こえるだけ。
まさに札幌駅の真ん前で好立地!

ひとつだけ要注意なのは、
朝食時は通勤ラッシュのような混雑ぶり。
徹底的に朝早くか終了間際が狙い目でしょうか。

次にまた日本のどこかに旅する時は、
真っ先にルートインを検索すると思います!
(ポンタカードのポイントも貯まります。)


ホテルルートイン札幌駅前北口
場所:北海道札幌市北区北7条西4丁目2-2
ホームページ ⇒ (ホテルホームページより)

(Google Mapsより)

WHAT'S NEW?