Photo Gallery

201508671.jpg
8月18日朝の北海道各地の気温。
すでに秋の気配が漂っていました。

201508672.jpg
網走の週間予報を見ても、いかに涼しかったかが分かります。

そう、今回の出来事ですが、
変な話、北海道で良かったなぁと思っています。
これが猛暑の場所だったらもっと大変だったかもしれません。

8月19日、病院へ行く前の3時間を利用して、
自分は車を走らせていました。

201508673.jpg
鱒浦海岸
ずっと天気が良かったのに、残念ながら雨でした。

201508678.jpg
滞在中、いつも見ていたオホーツク海ともお別れです。

201508674.jpg
神の子池

201508675.jpg
あの日、母はここを訪れた直後に転倒しました。
北海道らしくない蒸し暑い日で、数百匹のアブの大群に襲われました。

201508676.jpg
あれから3週間、すっかり涼しくなりアブの姿はありません。
あの時の記憶を払拭したくて、どうしても再び訪れたかったのです。

やっぱり来てよかった。
神秘の池。

201508679.jpg
最後に北海道らしい景色をどうしても最後の1枚にしたくて、
車を走らせながら場所を探していたら・・・

ありました!

想像通りの場所、

201508677.jpg
ありがとう北海道、バイバイ北海道。

この夏の3週間のことは、
決して忘れることはないと思います。

起こってしまったことは、とても辛くて大変でしたが、
いつもそばにあった北海道の景色にどれだけ励まされたことでしょう。

景色だけでなく、
北海道で出会った素晴らしい皆さん。
本当にありがとう。

1000キロ離れても同じ日本。
日本って素晴らしいなぁ。
こんな素晴らしい国に住んでいるんだって、
そんな単純なことを気づかせてくれた、
自分にとっていつまでもいつまでも大切な場所です。

あれからちょうど2ヶ月。

自分は、目を閉じては北海道を小旅行しています。

これで本当に最後。

最後に、

この2ヶ月間、
個人的な事情を併せた記事にお付き合い下さり、
本当に本当に有難うございました。
訪れて下さった皆様が、温かく見守ってくださったこと、
心より感謝申し上げます。
201508651.jpg
今日も網走駅。

201508652.jpg
発車1分前。ギリギリセーフ^^;

201508653.jpg
昨日とは反対方面。快速しれとこ号に乗車します。

201508654.jpg
15分後、この駅でただ一人下車します。

201508655.jpg

201508656.jpg
すぐそばにオホーツク海。

201508657.jpg
ただ打ち寄せる波の音だけが聞こえてきます。

201508658.jpg
この駅でただ一人だけの時間。

201508659.jpg

201508660.jpg

201508661.jpg

201508662.jpg
次の電車でさらにその先の駅へ。

201508663.jpg

201508664.jpg
浜小清水駅で下車。
この駅は道の駅と併設しています。

201508665.jpg
ここで少しだけ買い物をしたら、網走に戻ります。

201508666.jpg
電車の最後尾でさっき下車した北浜駅を見送ります。

201508667.jpg
この頃から、北海道での日々が終わりに近いことを意識し始めました。
ある日、ふとホテルの窓から網走駅を眺めていると、
急に電車に乗りたい衝動に駆られました。

201508640.jpg
網走駅、9:30発札幌行、特急オホーツク号。

201508641.jpg
気づいたら、切符を買っていました。

2015080642.jpg
札幌までは6時間。
同じ北海道でありながら、これだけの時間が掛かるとは・・・
北海道の広さを身に沁みて感じます。

さすがに札幌までは行けないけど、
30分の小さな旅。

201508643.jpg
自分は美幌駅で下車。

いつか乗りたいと思いながらも、
心のどこかで乗ることは無いなぁと思っていた北海道の特急。

201508644.jpg
札幌まではまだ先が長い電車を見送って。

201508645.jpg
思いがけず乗ることが出来たことが、
嬉しいような哀しいような複雑な気持ちになりました。

ひたすら上り列車を待つ駅の待合室。

初秋を感じさせる渇いた風が入りこんで、
なぜに自分がここに居るのか、とても不思議な気持ちになりました。

201508646.jpg
あの時の気持ちは、自分の心の中にだけ締まっておくことにしよう。
フィルムはいつでも取り出せるように。
網走滞在中は母のことがあったので、
食事はコンビニやスーパーで買ったお惣菜なんかを
ホテルで食べて済ませていました。

けど、妹と姪っ子が来た時だけは、
せっかくなので何か食べようと外に出かけました。

今でも妹と言っているのが、
「あんな美味しい焼き肉初めて食べた~」
というお店がこちら、

201508630.jpg
YAKINIKU網走ビール館

201508631.jpg
カラフルなビールが勢ぞろい。

その中でも自分がオススメなのがこちら、

201508632.jpg
流氷DRAFT
何と!オホーツク海の流氷を仕込み水に使用しているそうです!

見た目のブルーだけでなく、味もとっても素敵なんです。
機会がありましたら、ぜひお試しください!

201508639.jpg
と言いつつ、この日はグリーンの知床DRAFTで乾杯♪
お疲れ様~

このグリーンは、あのグリーンの味なんです。
正解は、ぜひぜひご賞味してお確かめください(笑)

さて、肉です。

元気がないとき、
体力がないときは、肉です!

201508633.jpg
まずは、十勝豚のとんとろ!

201508634.jpg
う、う、うまーーーーいっ。

201508635.jpg
お次は、知床牛。

201508636.jpg
柔らかくてジューシーで、なんて美味しんだろう。

人生でこれほど美味しい焼き肉は生まれて初めて!
と言っても過言ではないくらい美味しかったです(#^.^#)

ちなみに、姪っ子は肉は豚しか食べないので、
この2人前を妹と二人で堪能・・・

結果、酒がススミます^^;

201508637.jpg
妹はルビー色のはまなすドラフト

201508638.jpg
自分は赤ワインをデキャンタで。

大爆笑に号泣。
語りに語った網走の夜でした^^;


YAKINIKU網走ビール館
場所:北海道網走市南2条西4丁目1-2
営業時間:
【月曜日~木曜日】17:00~23:00 ラストオーダー22:30
【金曜日】17:00~24:00 ラストオーダー23:30
【土曜日・祝前日】16:00~24:00 ラストオーダー23:30
【日曜日・祝日】16:00~23:00 ラストオーダー22:30
年中無休
ホームページ:

(地図はGoogle mapsさんよりリンクさせていただきました。)
201508623.jpg
知床峠にやって来ました。寒っ。

野付半島から真っすぐ網走に戻らず、
ちょっと遠回りをして、
国道334号線、知床横断道路を走ってきました。

しかし、

201508624.jpg
国後島どころか、一寸先も霧で何も見えない・・・

退散。

ところが、

201508625.jpg
峠を越えたらご覧の通り快晴!!暑っ。
山の天気は恐るべし・・・

201508626.jpg
ウトロの港もよーく見えます。
旅が予定通りだったら、あそこに泊まるはずでした。
いつかまた泊まれるといいなぁ。

なぜ知床にやって来たかというと、

201508627.jpg
姪っ子に知床で遭遇する動物たちに逢わせてあげたかったからです。

しかし、動物に逢えたのはこの一頭だけ。

自分は過去に、ここ知床峠で、
鹿の大群に遭遇したことがあります。
道路にまで出て群がる鹿たち。

すばしっこく道路を横断するリス。
シャープな顔立ちのキタキツネ。

もう、そんな光景には出会えないのでしょうか。

この夏、北海道ではヒグマが出現したというニュースをよく耳にしましたが、
この日も宿に帰って、ウトロでヒグマが泳いでいたというニュースを観ました。

世界遺産、知床。

いつまでもこの自然は、日本の宝物であっていて欲しいです。

この先もずっとその先も。

201508628.jpg
なんて真っ青な海。大自然。大海原。

201508629.jpg
海岸に立って釣りを楽しむ人たち。気もち良さそう~

じっとしているのが苦手な自分は釣りをしたことがありません。
でも、こんな大海原ならやってみたいかなぁ。

知床の観光情報はこちら ⇒ 
(リンクは知床斜里町観光協会オフィシャルサイト様よりお借りいたしました。)

WHAT'S NEW?