Photo Gallery

DSCF3187_convert_20170816174346.jpg
4日間の滞在を終え、埼玉の自宅へ帰ります。

DSCF3189_convert_20170830224628.jpg
まるで帰ることが罪であるかのように、
晴れ渡った青空とひんやりとした清々しい空気に包まれます。

DSCF3191_convert_20170830224529.jpg
そう、ここは北海道だ!と言わんばかりに広がる、北海道らしい風景に見送られて・・・

DSCF3193_convert_20170830224716.jpg
韓国語の説明文。

DSCF3194_convert_20170830224830.jpg
日本語で。

DSCF3196_convert_20170830224938.jpg
あっという間に女満別空港に到着。レンタカーを返却します。

DSCF3197_convert_20170830225051.jpg

DSCF3199_convert_20170830225153.jpg
送迎デッキへ。新千歳行のJ-AIRが駐機中。

DSCF3200_convert_20170830225246.jpg
改めて4日間の痕跡を辿ります。

DSCF3201_convert_20170830225437.jpg
さぁ、いよいよ北海道を離れます。

DSCF3202_convert_20170830225500.jpg
さようなら、女満別。

DSCF3205_convert_20170830225522.jpg
最後の最後に、ハスカップ味を買いました。
やっぱり惜しんでるのかなぁ、自分。

DSCF3208_convert_20170830225542.jpg
待機することなく、すんなり離陸してしまうのが何とももどかしい・・・

DSCF3211_convert_20170830225609.jpg
拝啓、網走様

DSCF3214_convert_20170830225633.jpg
ありがとう。返せるものは何もないけど。

DSCF3216_convert_20170830225654.jpg
ずっと、心の故郷であることを一生思い続けていきます。

DSCF3217_convert_20170830225718.jpg
離陸後、北見市の街並みが見えます。

DSCF3218_convert_20170830225750.jpg
大雪山系の山々が見えます。
今頃はもうすっかり紅葉に包まれている頃でしょう。

DSCF3222_convert_20170830225839.jpg
海に出ました。苫小牧港が見えます。

DSCF3223_convert_20170830225857.jpg
モーニングコーヒーをいただきました。
JALさんのコーヒーは本当に美味しいです♪

DSCF3228_convert_20170830225929.jpg
あっという間に羽田が近づいてきました。

DSCF3230_convert_20170830230039.jpg
おっと、成田に着陸!?

DSCF3232_convert_20170830230103.jpg
通常は、筑波山付近をそのまま南下するのですが、
この日の関東地方は、かなりの悪天候でした。

DSCF3233_convert_20170830230130.jpg
細かな揺れが続きます。

DSCF3234_convert_20170830230149.jpg
窓の外は真っ白で何も見えません。

DSCF3235_convert_20170830230207.jpg
何も見えませんが、羽田はもう間もなくのようです。

DSCF3236_convert_20170830230239.jpg
雨も降っているようです。

DSCF3237_convert_20170830230258.jpg
突然、滑走路が見えてきました。

DSCF3238_convert_20170830230351.jpg
無事に羽田空港に着陸しました。
そして、あの時怪我した母と、今回は無事に何事もなく帰れたことが、
何よりホッとしました。

DSCF3239_convert_20170830230422.jpg
預けていた駐車場へ向かう送迎バスの中で見つけました!
こんなサービスもあるのですね!

この旅行が終わってから、1ヶ月半の時が流れました。
季節は夏から秋へと移り変わろうとしています。

皮肉にも、時は黙っていても流れていくもので、
忙しい毎日を送っていても、何もしないでいても、
時はどんどん進んでゆき、季節は移り変わっていきます。

それでも、いくつもの季節に逆らって、
あの時、自分がどうしていたか、どんな気持ちでいたかと辿り、
人生の中の本当に大切なものを思い出して、探して、
持ち帰ってくる旅もあってもいいのではないかと思います。

だからきっとまた、前を向いて歩いて進んでゆけるのだと思います。
時が何事もなかったように進んでゆくように。

自分は今、何もかもを確かめられた満足感と、
これでやっとすべてが終われたような爽快感でいっぱいです。

もう、網走へは行かなくてもよいです。
でも、将来、何かを忘れてしまった時、
またその何かを取り戻しに行くことがあるかもしれません。

その時は、いったいどんな旅をするのでしょう。

今回の旅は、個人的な気持ちを述べることが多くて、
読んで下さった方々はきっと、重々しく感じられたと思います。
そんな方々に、心からお詫び申し上げます。
本当に申し訳ございませんでした。

それでも、最後までお付き合い下さり、
お読み下さって、本当に有難うございました!!
DSCF2915_convert_20170813212642.jpg
1月の鹿児島・熊本以来の羽田空港です。

DSCF2916_convert_20170813212703.jpg
2年振りの北海道です!!

DSCF2917_convert_20170813212725.jpg
自分にとって、禁断の扉を開けてしまったような心境です。

2年前の北海道での出来事
それは、結果的に自分を大きく成長させる出来事になったけど、
心のどこかでは、まだちょっとトラウマのようなものが残っていました。

高齢で手術をして足の不自由な母を連れて旅をするなんて、
無謀であることは重々承知していますが、
今回の旅は、母本人が行くと決めたこと。

DSCF2919_convert_20170813212744.jpg
本人が行くと決めた以上、本人も決死の覚悟であったはずだと思いました。
あと、自分がやることはただひとつ、それに向けて十分な準備をすることだけでした。

DSCF2920_convert_20170813212802.jpg
まずは、飛行機の手配。
JALさんのプライオリティ(優先)・ ゲスト」をお願いいたしました。
2年前もそうでしたが、仕事とはいえJALの皆様が本当に嫌な顔ひとつせず対応して下さいました。

宿の手配、北海道でのレンタカーの手配を終え、
移動用に軽量の簡易な車椅子を購入しました。
長距離の移動は、母を車椅子に乗せて移動しました。

いちばん困難だったのは、家(埼玉の奥地)から羽田までの移動。
自家用車で向かえばいいと思っていたので、あまり深く考えていなかったのが誤算。
何が大変だったかって、羽田の駐車場が全然予約できない!!

お盆ということもあって、羽田空港駐車場は愚か、周辺の民間駐車場もどこも満車。
さて、困った。

当日予約なしでも停められるようであるが、
もし満車だったらどうしよう。そこから先の身動きが取れなくなります。
自分ひとりだったら何とか出来ても、
そう、母が一緒なのであります。

DSCF2922_convert_20170813212838.jpg
2年前の今日(8月13日)とまったく同じ便に搭乗!

とりあえず、地元発のリムジンバスの乗車券を購入。
帰りは、羽田から地元までレンタカーを予約。
でも、母はバスの高いタラップを乗り切りことが出来るだろうか?
もし乗れたとしても、今度は空港ですんなり降車することが出来るだろうか?
考えだしたら、心の中が不安でいっぱいになりました。

予約したあともダメもとで、毎日駐車場の状況をチェックしていました。
と、ある日、目を疑うような光景が!
何と!民間の駐車場に空きが出たのです!!!

手を震わせながら予約。
そして、リムジンバス、レンタカーの予約を無事にキャンセルして、
もう一度、駐車場の空き状況を見たら、何と!もう満車!
そう、自分が予約できたのは、まさしく奇跡だったのです!!!

DSCF2923_convert_20170813212858.jpg
羽田までの道のりは3時間。前夜はほとんど眠れませんでした。
久しぶりの首都高が怖いのなんのって^^;

DSCF2924_convert_20170813212915.jpg
美味しいはずのお弁当も、どんな味だったか記憶になく・・・

DSCF2921_convert_20170813212819.jpg
優先搭乗させていただき、車椅子で機内のドアまで送っていただきました。
JALの皆様には本当に感謝です。

DSCF2925_convert_20170813212931.jpg
少しでも歩く距離を抑えるために、クラスJの席を予約。
お蔭様で快適な空の旅となりました^^;

DSCF2926_convert_20170813212948.jpg
羽田を離陸。
飛行機の中だけは、何も考えずに休めました。

DSCF2928_convert_20170813213020.jpg
東京ディズニーランドが見えます。

DSCF2929_convert_20170813213045.jpg
母にとっては「あの日」以来の飛行機。さぞかしどんな思いだったことでしょう。

DSCF2930_convert_20170813213101.jpg
暖かいコーヒーが本当に美味しかった!
そして、夢の中へ・・・

DSCF2931_convert_20170813213117.jpg
目が覚めると、もう北海道の上空。女満別まであと少し。

DSCF2932_convert_20170813213239.jpg
雲間から2年振りの北海道の大地が見えてきました。

怖かったけど、
この日をどんなに待ちわびていたでしょうか。

DSCF2933_convert_20170813213259.jpg
あの、大好きだった能取湖の上空。
女満別空港上空を一旦通過して、旋回して北側からの着陸の様です。

DSCF2935_convert_20170813213320.jpg
この湖沿いの道を、何度通ったことでしょう。
そして旋回。

DSCF2938_convert_20170813213342.jpg
旋回した途端、見えてきたのは紛れもなく、
あの夏の3週間を過ごした網走の街です。

DSCF2940_convert_20170813213543.jpg
新旧の網走の街とオホーツク海、その向こうに広がる知床半島。
2年経った今でも、カーナビなんか無くったって走れる街。
忘れたことなんてありません。
(感無量で泣きそうになりましたが、絶対泣かない!)

DSCF2943_convert_20170813213614.jpg
網走湖が見えてきて、さぁ、いよいよ着陸です。

DSCF2944_convert_20170813213646.jpg

DSCF2946_convert_20170813213713.jpg
女満別空港に着陸。

DSCF2947_convert_20170813213741.jpg
来ました!北海道!

DSCF2949_convert_20170813213808.jpg
自分は、感傷に浸ってる場合ではありません。
ここからがまた大変なのですよ。

頑張れ鬼息子(笑)


(地図は、Google mapsさんよりリンクさせていただいております。)
DSCF2285_convert_20170211170514.jpg
まだ夜が明けない阿蘇くまもと空港

国内でも、いつものように4時半起き。
熊本駅5時15分発のバスで、空港に来ました。

DSCF2286_convert_20170211170542.jpg
何と!7時35分発という、とんでもなく早い時間の飛行機で東京へ帰ります。

羽田には9時5分に到着予定。
家には昼前には着けることでしょう。

そう、鬼息子には、
休日には家でやらなければいけないことがたくさんあります。

ご老体の二人にしては、
かなり頑張って、充実した旅となりました。
すごく楽しくて、すごく嬉しくて、
鹿児島、熊本に感謝です!
ありがとう!

DSCF2287_convert_20170211170627.jpg
雨粒の向こうの朝焼け。
熊本に明るい未来をもたらしてくれそうな旅立ち。

DSCF2289_convert_20170211170725.jpg
また来ますね!

DSCF2291_convert_20170211170813.jpg
自分も朝日に向かって、またいつもの日常へ。

DSCF2293_convert_20170211170840.jpg
今日のモーニングコーヒーは空の上で。

DSCF2295_convert_20170211170932.jpg
あっという間に、セントレアです。

DSCF2297_convert_20170211171021.jpg
続いて、浜名湖。

DSCF2298_convert_20170211171059.jpg
そして、富士山。

DSCF2300_convert_20170211171137.jpg
羽田に到着しました。

今回の旅は、
かなり感情的なことばかりを言ってしまって、
中には、息苦しくなられてしまった方もいらっしゃったかと思います。
本当に申し訳ございません。

なるべく、
皆様の旅の参考になるような記事を心がけておりますが、
こんな自分であることを、どうかご了承願います^^;

今回の旅も、
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!
DSCF2021_convert_20170114135906.jpg
福岡、長崎に続いて、
楽しみにしていた5年ぶりの「冬の九州旅」。

朝、2時間だけ会社に出勤して、
急いで空港へ来たので、お腹が空きました。

DSCF2022_convert_20170114135952.jpg
自分は、万世のハンバーグサンドとビール。

DSCF2023_convert_20170114140602.jpg
友人は崎陽軒の冬のお弁当。

DSCF2024_convert_20170114140035.jpg
飛行機を見ながら乾杯♪

DSCF2026_convert_20170114140640.jpg

DSCF2025_convert_20170114140519.jpg

DSCF2028_convert_20170114140749.jpg

DSCF2029_convert_20170114140815.jpg
鹿児島へ出発です。

DSCF2030_convert_20170114140838.jpg
くまモン。

DSCF2032_convert_20170114140919.jpg
「SKY NEXT」。

DSCF2033_convert_20170114140957.jpg

DSCF2036_convert_20170114141046.jpg
飛行機のドアが閉まり、飛行機は動き出しましたが、
お隣りはガラガラ。かなり空席の目立つ便でした。

DSCF2039_convert_20170114141137.jpg
冬の日暮れは早いです。

DSCF2040_convert_20170109163907.jpg
D滑走路からの離陸です。

DSCF2042_convert_20170114141219.jpg
東京湾を照らす夕陽。

DSCF2043_convert_20170114141310.jpg
旋回後、右側眼下に羽田空港の全貌。

DSCF2045_convert_20170114141401.jpg
翼の下に雪を被った富士山。
南九州便は右側の窓側に座ると見えます。
(一部の便を除く。また、天候状況等によっても変わることがあります。)

DSCF2048_convert_20170114141430.jpg

DSCF2053_convert_20170114141526.jpg
温かいコーヒーをいただいて酔い醒まし(笑)

DSCF2055_convert_20170114141636.jpg
四国の沖合を飛行。九州が近づいてきました。

DSCF2062_convert_20170114141718.jpg
韓国岳を回るように旋回しながら高度を下げていきます。
大パノラマ、大迫力!

DSCF2063_convert_20170114141803.jpg
鹿児島空港に着陸しました!

到着後は、鹿児島市内へ移動します。
朝、4時半起きの帰国は非常に辛い^^;

ということは、重々承知していますが、
帰国後のことを考えると、
どうしても、いや、頑張って、
この便を選んでしまいます。

例によって、
金浦空港の出国ラッシュに巻き込まれて、
出国審査を終えた時点で、
乗客の皆様が機内に乗り込んでいる最中でした。
あと10分、
いや、あと5分遅かったら・・・

DSCF1993_convert_20161211192353.jpg
セーフ(笑)

DSCF1995_convert_20161211192434.jpg
韓国搭載の機内食。
いつも思うのですが、本当に美味しいんです。
韓国を離れるのが辛くなるほど・・・

来年は、ババ抜き、いや、
ト○ンプ氏になる某国、
見習って、もっと美味しい機内食を出してくださいね~^^;

DSCF2005_convert_20161211192632.jpg
気がつけば、もう静岡。

DSCF2008_convert_20161211192544.jpg
富士山が綺麗です。

DSCF2009_convert_20161211192754.jpg
今回も最後まで旅行記をお読み下さってありがとうございました!!!
たくさんの方々が訪れて下さってることが、更新の励みになっております。

更新は不定期になりがちですが、
自分が巡った思い出が、少しでも皆様の旅行のお役に立てたら幸いです。

DSCF2017_convert_20161211192838.jpg
JALの翼は、定刻より早く羽田に到着。

今年の旅行は、これが最後です。

さて、来年はどんな旅に出会えるのでしょう・・・

WHAT'S NEW?