Photo Gallery


20121221021.jpg
釜山・金海国際空港、国内線ターミナルのクリスマスツリー

クリスマスはもう終わってしまいましたが、
今回の旅行では、
あちこちで綺麗なクリスマスツリーを見ることが出来ました

そして、

綺麗

と言えば・・・

20121221022.jpg
チェ・ジウさんのこの表情・・・
すごく素敵だったので、思わず

こんな笑顔をされたら、
男性なら・・・ですよね!?(笑)

20121221023.jpg
ソウル・金浦までは、もちろんエアプサンです。

20121221024.jpg
13:45までに搭乗口へ・・・
とのことでしたが、

入国審査や国内線ターミナルへの移動がすんなりいってしまったので、
時間に結構余裕があります。

20121221025.jpg
1本前でも間に合ったかもしれない!?
という、ジャスト1時間前。

成田からの便が12:15着で、
余裕をもって事前に予約していましたが、
飛行機が遅れた場合のことを考えると、
このくらいの余裕で良かったかも。

な~んて、思っていたところ、
突然の構内アナウンスが入り、
ソウルが雪のため、折り返し便の到着が遅れるとのこと。

新しい出発時間は、
また改めてアナウンスするとのことでしたが、
毛が生えた程度でも韓国語が分かって良かった~
と思った瞬間でした。

だって、韓国語、英語のみのアナウンスで、
(まぁ、当たり前か!?)
英語が全然分からない自分は、
韓国語のみが頼りですから・・・

20121221026.jpg

夕方は、ソウル市内で待ち合わせがあるので、
出発時間が分かったら、カカオで連絡入れておこう~
と思っていたら、
何とか30分程度の遅れで出発できるとのこと。

20121221027.jpg
釜山は激しい雨が降っていますが、
ソウルは雪なんだ・・・

あっという間に搭乗して、
あっという間に出発!
という、まるでバスのような慌ただしさ。

そして、滑走路までも、こんなに早くて大丈夫か?
と思うくらい、早くて、
せっかちな韓国人の特徴がよ~く出ておりました

自分は、そんなところが好きなんですけどね。
日本のワンテンポ置いたようなタイミングは、
どうも得意ではなくて・・・

20121221028.jpg
雲の上に出ると、下界は相当降ってる感じがよ~く分かります。

金浦までの飛行時間は40分程度。
韓国を南から北へ縦断します。

そして、
予定より30分遅れで無事に金浦に到着。

20121221029.jpg
韓国各地からの便が集結します。
さすが首都・ソウルです。

20121221030.jpg
金浦空港のターミナルのクリスマスツリー。
実際に、外も結構雪が積もっているようです。

さぁ、宿へ急ごう。

(つづく)


そして、今年の記事のアップは今日が最後です。

今年は、たくさんの出会いがありました。
旅友やブロガー仲間の皆さんに出会えて、
とても幸せでした。

今年一年、
大変お世話になりまして有難うございました!
来年も何卒よろしくお願いいたします!

どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ
유민우


2012120901.jpg
1泊2日の旅行は本当に早いもので・・・
こうして夜が明けたら、もう帰国の準備です。

2012120902.jpg
今回は釜山タワーに行く時間は無かったけど、
釜山タワーからの眺め、大好きなんです!

また、来年ゆっくりと・・・

行きと同じくリムジンバスで空港へ。
そして、またここで素敵な方との出会いが・・・

リムジンバスのバス停でバスを待っていたら、
タクシーのおじさんの猛攻撃に遭っていたのですが、
東京からの同世代の女性一人旅の方が、
ここで助けて下さいました

その節は、本当に有難うございました

2012120903.jpg
10:55発、BX112便で成田へ向かいます。

そして、またまたここで素敵な方との出会いが・・・
自分は窓側、母は真ん中の席でしたが、
通路側の今度は若い20代の女性一人旅の方が、
機内食の上げ下げから、荷物棚の荷物降しまでやって下さり、
年老いた母が同行でしたので、本当に助かりました。

その節は、本当に有難うございました

2012120904.jpg
帰りの機内食はエビチャーハン!
こちらも美味しかった~

今回、エアプサンさんで、
搭乗体験をさせて頂き、
「乗る側」としての感想を色々書かせて頂きました。

まずは、LCCとは思えないサービスは満点です!!
安い航空運賃で乗せて頂いてるのですから、
文句の言いようがありません・・・

充実したサービスを得たいのであれば、
大手航空会社に乗るしかないでしょう。

自分は、大手でなくとも、
このサービスが得られるのであれば、
断然エアプサンを選ぶと思います。

2012120905.jpg
国内線の九州線とほぼ同じフライト時間で、
この料金とこのサービス。

欧米でのフライトが豊富な方なら、
さぞかし、比べることが出来るでしょう。

2012120906.jpg
そのグレードの高さは一目瞭然です!

某大手航空会社専門の自分も、
今後は釜山へ行くなら迷わず
「エアプサン」
を選ぶと思います

搭乗体験をさせて頂き、
本当に有難うございました!!!

そして、たった1泊2日の間に出会った、
たくさんの素敵な方たち・・・
「韓国を好きで旅する人たちに悪い人はいない!」
なんて、言い過ぎですかね~

でもでも、
世知辛い世の中になりましたが、
こんなにも優しい人たちがたくさんいることに、
ちょっと希望が持てた旅でした。
自分もそういう人でありたい・・・

さて、

と、言った矢先ですが、
次回の釜山線は、マイル使用なので、
某、日本の大手航空会社利用です


実は、今回、チェックインの際に、
エアプサンの係員の方(女性)が、
母の状況を見て、色々とお気遣い下さいました

事前に座席は指定してあったのですが、
空いているということで、何と
最前列
にして下さったのです

2012120821.jpg
「01A」
こんなことは、もう二度とないかもしれない・・・

2012120822.jpg
いよいよ搭乗です

2012120823.jpg
釜山までお世話になる機体

残念ながら「58番」ゲートは、
全体を撮影することが不可能なゲートでした

2012120824.jpg
最前列はやっぱり前が広~い

って、ちょっと待って
エアプサンはLCCじゃなかった

使用機材は、エアバスA321-200。
最大で220人まで乗れる飛行機ですが、
エアプサンの場合、座席数は191~195席。

他の座席でも、
違和感ない十分な広さがあります

2012120825.jpg
『손님의 여러분 사랑합니다』

これですね
胸元のハートマークのご挨拶は~

清々しくて、とても素敵です

客室乗務員すべてがテキパキとした行動で、
あっという間の出発準備完了です。

そのお蔭で、オンタイムより早く出発

この日の成田は、強風が吹いていて、
離陸時に非常に大きく揺れましたが、
その後は安定飛行に入りました。

2012120826.jpg
お台場のレインボーブリッジが、
光り輝く海に照らされています

左上の方には羽田空港の姿も・・・

2012120827.jpg
離陸の頃から美味しそうな香りが漂っていました(笑)
楽しみにしていた機内食です

機内食・・・
しつこいようですが、

エアプサンはLCCじゃなかった

LCCでは、機内食やドリンクが有料というのが一般的ですが、
エアプサンは、機内食もドリンクも無料

しかも、
欧米系の大手航空会社でも有料のビールまで無料なんです

2012120828.jpg
行きはカレー風味のピラフ。う~ん、美味しい~

チャーハンとかピラフとかナシゴレンとか
そういった類が自分は大好きなんです

食事のあとは、免税品の販売もあったり、
客室乗務員の方々は大忙しです

2012120830.jpg
びっしりと張り巡らされた雲。
下界は相当雪が降っているようです

この日は、冬の季節風が強くて、
向かい風の西行きは、いつもより時間が掛かっています。

その頃、客室乗務員の一人の方が、
「한국말 아십니까?」

「조금만요~」

要件は、金海空港到着後はタラップなのですが、
先に行かれますか?後に行かれますか?
ということでした。

後ろの2列目に座られてた、やはり自分と同じように、
息子さんがお母様を連れられて旅行されてた韓国の方が、
先程、同じ質問をされてて、
「後でおります」とのことだったので、
自分も
「천천히 가요~」
とお伝えしました。

こんなこと聞かれたのは初めてです
エアプサンさんのお気遣い、
とても嬉しかったです

そして、金海空港到着後、
前方に座っていたけど、最後まで残った4人が、
同じシャトルバスへ。

他の乗客の方は、もうとっくに行ってしまって、
たった4人だけのシャトルバス。
車内に差し込む夕日がとても眩しかったです

日本と韓国
同じような親子が2組・・・
それは、とても不思議な空間でした

韓国のオモニの方から声をかけて下さって、
「あなたもどこかお体が悪いのですか?」と。
韓国語が分からない母に代わって、
「足が悪いんです」とお答えすると、
ただ、そっと頷いて下さいました。

後半は、話しが長くなってしまいましたが、
自分にとって、色んな意味で、
それはそれは、思い出となる搭乗体験となりました


前日の金曜日は、
今年最初の忘年会で終電で帰宅

眠りについたのが、午前1時でしたが、
翌日は、6時に起床

仕事自体、今年の集大成に突入しているので、
残業があったり、かなり体はクタクタでしたが、
ここは韓国に行けるという、
嬉しさをエネルギーに変えて出発です

後に予定があるので、
仕事はもう休めません。
ここは、土日の1泊2日強行日程
しか選択の余地はありませんでした

今回は、足が悪い母のことを考え、
成田空港までは、車で行きました

2012120811.jpg
そして、無事に成田空港に到着

本当に久しぶりの成田第1ターミナル。

2012120812.jpg
エアプサン発見

2012120813.jpg
ターミナル内は、もうすっかりクリスマスの雰囲気

チェックイン後、出国審査を終え、
搭乗ゲートへ移動ですが・・・

2012120814.jpg
エアプサンの搭乗ゲート「58」番ゲートはかなり遠い

2012120815.jpg
やっとの思いで到着。

母が同行なので、前倒し前倒しで、
時間にかなり余裕を持って行動して正解でした。

お陰様で、まだ誰もいないゲート前・・・

2012120816.jpg
ゆっくり、出発までここで待つとします

201205韓国151 
二人を見送った後、
金海空港の国内線ターミナルにやって来ました!

航空券は事前に日本で予約していたので、
チェックイン後、すぐにセキュリティーゲートに向かいました。

201205韓国152
国内線のセキュリティーゲート

韓国国内線には、
過去に1度搭乗したことはありましたが、
エアプサン
は初めてです!!

201205韓国153
エアプサンは、2007年に設立し、
2008年に初就航したエアラインです。

近年流行のLCC(格安航空会社)ではありますが、
昨年開設した、成田ー釜山線では、きちんとした機内食も提供されます。
釜山からの便では、何と!ホットミールが提供されるとか・・・

そればかりでなく、
ドリンクでは、ソフトドリンクの他にビールの選択も出来るそうです。
ビールは、韓国、日本の双方の銘柄が用意されているようです。

近年、外資系の航空会社では、
アルコール類は有料のところも多く、
しかも、LCCではドリンクどころか機内食など
今までサービスとされてたものは、ほとんど有料なのが常識です。

世界的に見ても、
通常のフラッグキャリアに匹敵するほどの
サービスを行うLCCは、非常に珍しいです。

実は、ごく最近まで自分も、
エアプサンがLCCだとは思っていませんでした・・・

201205韓国143
『格安エアライン』では、エアプサンの詳細が詳しく書かれています。
エアプサンに関しては、本書でも絶賛していました!!

201205韓国154
顧客に対してのすべてのサービスにおいて、
高品質を提供するLCC。

早くもLCCに対する概念が変わりつつあるようです。

近年、やっと再生に向けて軌道に乗り始めた我が国の某エアラインには、
見習って頑張って欲しいものです
(応援の意味を込めて・・・)

さて、エアプサン搭乗記に戻ります。

201205韓国155
機内に入り前方の右側の座席に座ります。
誰も自分が日本人であるとは思っていないでしょう~
(喋らないからネっ

定刻14時にゲートを離れ、
BX8814便は滑走路に向かい始めました。

その途中、
まさに今離陸しようとしている二人が乗った
同時刻出発の成田行のJALが離陸しようとしています。

二人が帰国の途に着こうとしている中、
自分はこれから韓国の首都・ソウルへ向けて出発しています。

201205韓国156

金海空港を南に向けて離陸すると、
上昇しながら大きく北へ旋回。

自分は右側の窓側に座っていたので、
旋回中は、洛東江と緑色の田畑が眼下に見えます。

安定飛行に入ると、ベルト着用サインが消えました。
機長さんより、韓国語と英語でアナウンスが入るも、
自分はまったく分からずで(汗)

朝鮮半島のほぼ真ん中を、
南から北へ飛行中。

ここでウトウトと昼寝をしてしまい、
気がつくと、もう着陸体勢に入っていました。
(ドリンクサービスを逃してしまったのをちょっと後悔・・・)

漢江と街並みが見え始めてきました。
高度もだいぶ下がってきました。

眼下にソウルの街が広がっています。
2ヶ月ぶりのソウル。
汝矣島(여의도)の63ビルの姿も確認できます。

ここから先は、ベルト着用サインが点灯し、
電子機器は使用できない
(日本はそうなので、そうしたのですが)
ので、撮影出来ませんでしたが、
結構、街の上空を飛んでいたのでかなり迫力がありました!

程なくしてソウル・金浦空港に到着。

機体は飛行機ファンには嬉し~い沖止めです!

釜山・金海⇒ソウル・金浦
およそ1時間の空の旅は終わりました!


さて
そんなエアプサンですが、

東京/成田⇔釜山
就航1周年
だそうです
おめでとう~

1周年を記念して、何と
往復:11,111円の運賃を発売しているそうです
(販売期間:5月29日~6月28日)
(エアプサンWEB会員専用)

今度はぜひ成田線にも搭乗してみたいです

※ 「エアプサン」ホームページ(日本語)



WHAT'S NEW?