Photo Gallery

20170625_080505.jpg
アイスアメリカーノin大邱空港。
これから日本に帰ります。

DSCF2906_convert_20170630224944.jpg
離陸後、あっという間に海上へ。

DSCF2907_convert_20170630225022.jpg
暑さに弱い自分達なので、最大限のパフォーマンスが出来ず、
今回の旅は少々消化不良でしたが、それでも十分楽しかったです♪

DSCF2910_convert_20170630225311.jpg
エアプサンのパフォーマンスは最高でした!

DSCF2911_convert_20170630225056.jpg
帰りの機内食です。

DSCF2912_convert_20170630225132.jpg
ハムチーズサンドでした。とても美味しかったです!
(帰りも食べかけ画像で失礼致しました。)

DSCF2914_convert_20170630225217.jpg
成田には定刻通り到着しました。

20170625_105035.jpg
成田でようやく飛行機全体を撮影することが出来ました。
今回の旅もお読み下さいまして、有難うございました。
日本航空(JAL)は7月12日、来年の夏ダイヤが始まる、
2018年3月25日より、成田-ソウル/仁川線を運休すると発表しました。
このことにより、JALは仁川から撤退することになります。

DSCF0632_convert_20170713203458.jpg
成田-ソウル/仁川線に使用している機材、B737-800型機

【いよいよ恐れていたことが現実に】
それは、あまりにもあっけない結末でした。
まさか、成田発のソウル行が姿を消すとは思ってもみませんでした。
それどころか、成田発午前便の951便の復活を長らく待ち望んでいただけに、
今回の成田発、ソウル/仁川線の撤退は、
自分にとっては、少々大袈裟ではありますが、裏切られたという思いでいっぱいです・・・
それでも、今回の発表は、心のどこかで覚悟は出来ていたという思いと、
いよいよ恐れていたことが現実になったかという思いでいっぱいであります。

【搭乗率、採算性が悪かったのか?】
搭乗率は決して悪くはなかったと思いますが、
採算性の面で、成田―仁川線は韓国系LCCが仕掛けた価格競争が激化し、
「単価下落が顕著で収支改善が見込めなかった」(JAL広報談)
という理由があるようです。
確かにここ近年、韓国系LCCの進出が著しく、価格も安価なことから、
価格重視の韓国通にとっては、韓国へとても行きやすくなったのは事実です。
(自分も価格重視の時は、利用させていただいております。)
しかし、価格よりも内容重視の時は、断然にJALのサービスが有難かった。
逆にそんなところが、採算が見込めなかったのも頷けますが・・・

【非常に残念、いつか必ず復活を望む!】
自分にとっては、思い出がたくさん詰まったJALの成田―仁川線。
JALのこの路線が無かったら、今の自分は無かったかも?
と言っても過言ではないほど、出発前に韓国への夢を馳せた花形路線です。
確か、過去記事で、LCCの就航によって、韓国に行きやすくなると書いた記憶がありますが、
今となっては後悔も後の祭りです。
機内食があって、アルコールのサービスもある。
多少運賃は張っても、旅の楽しみはやはり外せない。
今はそんな思いの方が断然強くなりました。
今回の発表は非常に残念、いつか必ず復活することを望んでいます!

再び、成田から仁川へJALの翼で行く日を夢見て・・・
(タイミングを見計らって、撤退までに搭乗出来るかどうかを思案中です^^;)

参考:成田-ソウル(仁川)線の運休について - JAL国際線
(日本航空ホームページより、リンクさせていただいております。)
DSCF2862_convert_20170630222550.jpg
以前の記事でもお話しましたように、
エアプサンさんが、6月8日より成田⇔大邱線を就航いたしました。

4月に1週間だけ、就航を記念した特別運賃、片道4,000円を発売。
往復の航空運賃に諸税を合わせて1万円ちょっとというお値段でしたので、
友人の即決とともに即購入しました。

大邱へは2011年1月以来、6年半振りに訪れます。

DSCF2863_convert_20170630222634.jpg
成田第一ターミナル、55番ゲートより出発。

DSCF2865_convert_20170630222735.jpg
この日の乗客は7割程度。
自分たちの前後の席には乗客がいなくて、
気持ち的にとても楽でした。

搭乗客は、
韓国人8割、日本人2割の比率でした。

DSCF2866_convert_20170630222826.jpg
離陸後、太平洋上でUターン。

DSCF2867_convert_20170630222854.jpg
今、離陸してきたばかりの成田空港を眼下に見ながら、
一路西へ向かいます。

DSCF2870_convert_20170630222942.jpg
エアプサンはLCCでありながら、
機内食を無料でいただくことが出来ます。

DSCF2872_convert_20170630223030.jpg
とても有難いです♪

DSCF2876_convert_20170630223107.jpg
소불고기 브리또(牛プルコギ ブリトー)
熱々で、韓国風の味付けでとても美味しかったです!!
(毎度、食べかけ画像で申し訳ございません・・・)

DSCF2877_convert_20170630223151.jpg
長野県の諏訪湖が見えます。

更に、エアプサンはLCCでありながら、
前後の座席の間隔が十分に広いのです。
お蔭様で楽々足も組めちゃいました(笑)

DSCF2878_convert_20170630223240.jpg
手荷物は一人一個、20Kgまで良いのも、
安く旅をしたい旅行者にとって、本当に有り難いことです。

何だか愛着さえ湧いてきますよ~
頑張ってるなって。

DSCF2879_convert_20170630223323.jpg
エアプサンには忘れられない思い出もあるしね・・・

DSCF2880_convert_20170630223407.jpg
さて、間もなく大邱に到着です。

韓国上空からの写真撮影は禁止されていますので、
ここからは写真がありません。
大邱の空港は、軍の設備も沢山あり、
韓国が休戦中であることを実感します。

大邱国際空港の入国審査はブースが3ヶ所で、
うち2つが韓国人専用のブース。
外国人は残る1ヶ所しかありませんので、
到着便が多い時は混雑するかもしれません。

自分たちの時も、ちょうどTway航空の沖縄からの便が到着して、
多少混雑しておりました。
また、荷物のターンテーブルはひとつしかないので、
預け手荷物は、どの便もそこから出て来ることになります。

DSCF2881_convert_20170630223450.jpg
入国後は大邱銀行で両替を。
ATMの海外キャッシングは日本語の対応もありました。

DSCF2882_convert_20170630223536.jpg
初!大邱国際空港!
前回はソウルからKTXで来ました。
成田から直行で来れるようになり、便利になりました!
エアプサン_20170618161050
2017年6月8日より、
成田⇔大邱線に新規就航したエアプサンにて大邱へ行って来ます!

大邱へは、2011年に行って以来6年振りに行きます。

韓国の名古屋と言われることもあり、
ソウル、釜山に次いで、韓国第3の都市と言われながら、
人口の多さで言うと、仁川に次いで4番目というところも
名古屋に似ているような気がします。

実は、自分は非常に名古屋の食べ物が大好きなのですが、
(我が家の味噌は八丁味噌であります!)
大邱も美味しいものがたくさんあります。
そして、何と言っても焼酎(笑)
大邱の焼酎は참(チャム)です!

非常に短い旅ではありますが、
いつものように韓国を満喫してきたいと思います!

DSCF0780_convert_20170618162518.jpg
DSCF2817_convert_20170618135600.jpg
日本に帰国します。

DSCF2818_convert_20170618135650.jpg
帰りのフライトタイムは、タイムテーブルで14時間ちょうど。
行きよりも更に1時間程長く掛かります。

DSCF2819_convert_20170618135752.jpg
「ON TIME」の表示を見たら、もう覚悟は決めました(笑)

DSCF2822_convert_20170618135827.jpg
ということで、飲みます!まだ朝9時だけど(笑)

DSCF2823_convert_20170618135908.jpg
朝食をいただきました。

DSCF2827_convert_20170618140003.jpg
外はお別れを惜しむかのような雨。結構な本振りです。

DSCF2828_convert_20170618140044.jpg
飛行機に乗り込みました。

DSCF2830_convert_20170618140118.jpg
飲み物メニュー。

DSCF2831_convert_20170618140150.jpg
最初の機内食は和食にしました。

DSCF2834_convert_20170618140214.jpg
そして、飲む・・・

お蔭様でがぶ飲みワインが効いたのか、
このあと、ぐっすり7時間も寝させていただきました。
途中、簡単な軽食サービスがあったようですが、
全然分かりませんでした。
いくら眠ってもいいよ~
と言われる幸せさ♪

DSCF2835_convert_20170618140243.jpg
起きた時は、もうこんなところまで来ていました。

DSCF2838_convert_20170618140356.jpg

DSCF2839_convert_20170618140422.jpg
2回目の食事はドリア風な感じで、とても美味しかったです。

DSCF2840_convert_20170618140450.jpg
友人はとりの中華風。

DSCF2842_convert_20170618140528.jpg
眼下に一筋の線が。

DSCF2845_convert_20170618140557.jpg
航空機確認。

DSCF2846_convert_20170618140650.jpg
長かった空の旅も終わりが近づきました。
銚子の犬吠埼が見えてきました。

DSCF2848_convert_20170618140716.jpg
茨城県の土浦市上空。左は霞ケ浦。

DSCF2850_convert_20170618140758.jpg
眼下に機影がくっきりと見えます。
遥々、ニューヨークから日本まで運んで来てくれた飛行機に感謝。
機影にお礼を言います。

「ありがとう」

DSCF2857_convert_20170618140829.jpg
成田空港に到着しました。

旅が終わってしまう寂しさは相変わらずですが、
この歳になると、「感謝」の気持ちの方が大きくなります。

この旅に出ることによって、
自分が居ないあいだの両親の面倒を妹家族が見てくれました。

きっと、洋食三昧とアルコールで胃袋が疲れるだろうと、
同行の友人が、毎朝、しじみ70個分のインスタント味噌汁を入れてくれました。

もう使わないからとポケットに入れっぱなしのメトロカードを、
信号待ちの時に落としたらしく、気がつかなかった自分に、
金髪の白人女性が笑顔で拾って差し出してくれました。

もう食べきれないなぁ。勿体無いけど残すしかないなぁ。と思っていた時、
「TO GO?」と言ってくれて、お土産に包んでくれたビッグな白人女性。
お蔭様で、翌朝、朝食で美味しくいただきました。

帰国後、日本食が恋しいだろうと、焼き魚を用意して待っていてくれた母・・・

ブログの更新を、コメントを待っていてくれた皆様も、

数え出したら切りがないくらい、
この旅を支えてくれたたくさんの人達に、

「感謝」

の気持ちでいっぱいです。

旅に出ることがある種の「責任」であること。

ブログを更新することは正直、とても大変なことだけれど、
これからも自分は旅に出る限り、更新していきたいと思います。

2017年5月、ニューヨーク旅行記を最後までお読み下さって、
本当に有難うございました!!!

WHAT'S NEW?