Photo Gallery

DSCF3152_convert_20170815205405.jpg
羅臼を出て、知床峠に到着しました。
ここからの景色、何度も見ていますが、何度見ても素晴らしい!

DSCF3156_convert_20170815205526.jpg
「北方領土は我が国固有の領土です。」
我々日本人がもっと心から声を上げることが大事なんだと思いました。
思いはきっといつか・・・

DSCF3160_convert_20170815185808.jpg
2年前は霧でまったく見えなかった羅臼岳が今日はよく見えます。

DSCF3166_convert_20170815190333.jpg
知床峠を下ると、ウトロの町がすっきり見えました。

DSCF3172_convert_20170815205655.jpg
涛沸湖まで戻って、馬に出会いました。
さて、この旅ももうすぐ終わりが近づいてきました。

DSCF3174_convert_20170815190503.jpg
大きく深呼吸して、この広い台地からたくさんのエネルギーを貰います。

DSCF3175_convert_20170815205807.jpg
そして、本当に立ち寄りたかった場所へ。

どこかの観光地をご想像されてた方、ごめんなさい・・・
自分が本当に立ち寄りたかった場所とは、こちらのスーパーなんです。

2年前、病院の帰り道にいつも立ち寄っていた場所。
病院へ行く前に、ここでミネラスウォーターを買って行ったこともありました。
要するに、あの3週間の生活の中に溶け込んでいた場所であります。

DSCF3176_convert_20170815205852.jpg
旅の途中で、衣類もろくに持っていなかったので、
下着やらタオルやらを調達したお店。
自分にとって、どのお店もまるで兄弟のように優しく迎えてくれた場所たち。

その場所へもう一度行ってみたかったのです。
それはある意味、お別れを言いに来たとも言えます。

DSCF3180_convert_20170815205931.jpg

DSCF3181_convert_20170815205953.jpg

DSCF3182_convert_20170815210024.jpg
そうそう、これこれ!気に入ってしまってよく食べてたな~

DSCF3184_convert_20170815210056.jpg
北海道最後の夜はこれで乾杯♪

DSCF3186_convert_20170815210113.jpg
明日の朝、埼玉へ帰ります。
DSCF3074_convert_20170815203037.jpg
北海道から帰って、1ヶ月以上が過ぎました。
時が経つのが早いです。
北海道は夏から秋へ、すっかり季節が移り変わってしまってますね。

DSCF3076_convert_20170815185855.jpg
旅行記、先を急ぎましょう。

DSCF3083_convert_20170815203119.jpg
北海道3日目は、
車で網走から、根北峠を越えて、標津、羅臼を走り、
知床峠を越えて、ウトロから網走へ戻る、自分の大好きなルートを巡る、
ドライブへ出掛けました。

この時の根北峠の気温は16℃。
真夏とは思えない気温でした。

DSCF3091_convert_20170815203337.jpg
標津に到着。
しべつ海の公園」には、初めて来ました。

DSCF3092_convert_20170815203425.jpg
左側から来て、今ココ!

DSCF3093_convert_20170815203450.jpg
ちょうどこの地図に見えてるあたりをドライブです。

DSCF3094_convert_20170815203529.jpg
どんより曇っていましたが、この後晴れてきました。

DSCF3096_convert_20170815203631.jpg
寂しげな風景、冬は想像を絶する厳しい気候になるのでしょう。

DSCF3097_convert_20170815203657.jpg
ただただ、広い・・・

DSCF3099_convert_20170815203756.jpg
根室海峡の青々さは、怖いくらいです。

DSCF3107_convert_20170815203914.jpg
国後島の島影が見えはじめてきました。

DSCF3110_convert_20170815204011.jpg

DSCF3112_convert_20170815204059.jpg
雲の隙間から青空が・・・

DSCF3113_convert_20170815204148.jpg
と思ったら、一気に晴れてきました。
さぁ、知床を目指します。

DSCF3114_convert_20170815190011.jpg

DSCF3116_convert_20170815204315.jpg
あまりにも国後島が近くに見えたので、一旦停止。

DSCF3119_convert_20170815204406.jpg
改めて、北方領土は日本固有の領土です!!

DSCF3122_convert_20170815190232.jpg
一日も早く、日本人が自由に行き来出来るように祈っています。

DSCF3131_convert_20170815204636.jpg
遠く、羅臼の町が見えてきました。

DSCF3134_convert_20170815204735.jpg
いつまでも見ていたい風景とは、きっとこんな風景なのだと思いました。
出来ることなら、もっとずっとここで見ていたかった・・・

DSCF3143_convert_20170815205258.jpg
道の駅、知床・らうすに到着。

DSCF3139_convert_20170815204953.jpg
蟹ですよ!

DSCF3138_convert_20170815204921.jpg

DSCF3140_convert_20170815205054.jpg
ちょっと遅い昼食、母は熱々のタコザンギ。

DSCF3141_convert_20170815205132.jpg
自分は、知床地鶏のザンギバーガー!

DSCF3142_convert_20170815205215.jpg
美味しかった~

昼食後、さらに先を急ぎます。
DSCF3054_convert_20170815202450.jpg
2年前に母が訪れることが出来なかった『YAKINUKU 網走ビール館』へ。
ここへは今回、どうしても連れて行きたくて、旅行前に予約を入れておきました。

DSCF3051_convert_20170815202407.jpg
泊まっている、ルートインホテルからは徒歩で行ける距離ですが、
母が歩くにしてはちょっと距離があるので、母には車椅子に乗ってもらうことに。

DSCF3052_convert_20170815202428.jpg
お店に行くまでの間に、2年前に妹と姪っ子と3人で泊まった北海ホテルの前を通過。
先程出会った、日本体育大学の学生さんたちは、ここがお宿のようです。

DSCF3060_convert_20170815202601.jpg
たくさんの種類がある網走ビールの中から、

DSCF3059_convert_20170815202542.jpg
流氷ドラフトの樽生を!上手く写真が撮れなくて残念ですが、流氷色のビールが本当に綺麗!
乾杯♪

DSCF3063_convert_20170815202626.jpg
カルビ~♪

DSCF3064_convert_20170815202707.jpg
そして、豚ロース~♪

日本では滅多に焼肉屋へ行くことがありませんが、
2年前に妹たちとここを訪れて、あまりにも美味しくって、
母にもこちらのお肉の美味しさを味わってもらいたかったのです。

DSCF3070_convert_20170815202914.jpg
海鮮3種盛り♪

DSCF3067_convert_20170815202818.jpg
2年前は、外で夕食を食べる気になれず、唯一外食したのがこちらでした。
妹たちと色んな話をして、励ましてもらい、勇気をもらい、
だからこそ、乗り切れたのだと、今でも感謝しています。

DSCF3069_convert_20170815202836.jpg
今日は、その場に母と二人きり。
あの時の苦労した思い出話を話そうかと思っていたけど、
嬉しそうな母の顔を見たら、そんな話も出来なくなっていました。

母もとても美味しかった!と満足していました。
追加で頼んだ赤ワインのデキャンタが多かったのかな?
酔いが回ったので、ホテルへ戻ります。

DSCF3071_convert_20170815202931.jpg
病院からホテルへ帰る前に、いつも立ち寄っていたセイコーマート。
懐かしくて、やっぱり立ち寄っちゃいました^^;

DSCF3073_convert_20170815202947.jpg
北海道限定!のサワーを買ったけど、
明日の運転のことを考えて、飲まずに寝てしまいました。

結局、このサワーは自宅へ持ち帰って来ました。

明日は、羅臼や知床半島を回ります。


YAKINIKU 網走ビール館
場所:網走市南2条西4丁目1-2
ホームページ:
ランチのあとは、2年前に母が出来なかった網走観光へ。

実は、自分は2年前も空いた時間にあちこち観光はしていました。
なので、各観光地までの道のりも頭の中に入っています。

DSCF3028_convert_20170815201557.jpg
網走の街を一望出来る天都山にあるオホーツク流氷館からの眺め。
手前は網走の街並み、その向こうはオホーツク海、さらにその向こうは知床半島です。

DSCF3030_convert_20170815201651.jpg
網走刑務所が見えます。囲われた塀が言わずとも刑務所であることを物語っています。

DSCF3031_convert_20170815201742.jpg
網走周辺の地図。先に出た能取岬、道の駅などの位置関係が一目で分かります。

DSCF3041_convert_20170814173326.jpg
クリオネにも出会いました!

DSCF3042_convert_20170815202029.jpg
実は、こんな感じで展示されていたんですね~

DSCF3039_convert_20170815201952.jpg
「流氷の世界体感室」へ入室します。気温はご覧の通り!

DSCF3033_convert_20170815201815.jpg
濡れたタオルをお借りします。
そして、思いっきり振り回します。

DSCF3038_convert_20170815201924.jpg
見事に一瞬で凍ってしまいました。

DSCF3035_convert_20170815201849.jpg
この流氷は、今年、網走沖のオホーツク海で実際に回収した流氷だそうです。

真夏なので、涼しくて気持ち良いだろう。
なんて、思っていられたのは最初のうちだけで、
1分もしないうちに体が冷え切ってしまって、
厚手の上着を入口で借りて着たものの、
一刻も早く外に出たい!

冬の網走が過酷で厳しいものだと実感いたしました。

DSCF3043_convert_20170815202141.jpg
非常に興味深い流氷のルーツを辿ります。

DSCF3044_convert_20170815202208.jpg
大陸のアムール川から運ばれた流氷が、
冬になると網走の海を覆うのですね。

DSCF3047_convert_20170815202303.jpg
自分はここに来たのは2度目ですが、2年前とはまったく違う気持ちで見学出来ました。
まだ未知の冬の網走。そう、網走のおばあちゃんの家は、オホーツク海の真ん前なんです!

そのおばあちゃんの実体験もお聞きしながらの見学、
何か得した気分です。

DSCF3048_convert_20170815202342.jpg
同じ天都山にある、フラワーガーデン「はな・てんと」へ来ました。
日本体育大学のスケート部の皆さんが、夏の合宿を行っていらっしゃいました。

母は恥ずかしげもなく一人の学生さんに声を掛けました。
「若いんだから何でも出来るよ!頑張ってね!」
学生さんも嫌な顔ひとつせず「ありがとうございます!」と爽やかに答えてくれました。
学生さんは颯爽と走り出していきました。

うん、確かに若いって素晴らしい!(笑)

DSCF3050_convert_20170814173505.jpg
ここでまたおばあちゃんとも沢山お話が出来ました。

そして、おばあちゃんをご自宅までお送りしました。

大きく手を振るおばあちゃんに向かって、
心の中で「いつまでもお元気でね」と呟きました。


オホーツク流氷館
場所:北海道網走市天都山244番地の3
ホームページ:
能取岬を出発して、
「網走のおばあちゃん」との待ち合わせまでもう少し時間があります。

じゃあ、妹から頼まれていたものを先に送っちゃおう~
ということで、道の駅に立ち寄りました。

DSCF3006_convert_20170815200646.jpg
おぉ、タラバガニが新鮮!!

DSCF3005_convert_20170815200728.jpg
タラバガニは4,500円也。

DSCF3007_convert_20170815200756.jpg
毛ガニは8,000円です♪

DSCF3008_convert_20170815200913.jpg
って、そうそう、妹から頼まれたものはカニではなく、
じゃがいもだったんです^^;

「きたあかり」という黄金色のじゃがいもで、
これが美味しいのなんのって♪

で、お店の方にお伺いすると、
時期がまだなので、収穫したら送ってあげますよ!って。
なんて親切なんだろう。
妹のところ、自宅、母の友人へ送る手配をしました。
届くのが今から楽しみです!

DSCF3009_convert_20170815200931.jpg
自分宛には、網走ビールの詰め合わせも忘れずに送りました(笑)

DSCF3010_convert_20170815200953.jpg
さぁ、いよいよ2年前に病室で一緒だった網走のおばあちゃんに会いに行きます。

DSCF3011_convert_20170815201027.jpg
バスで通ってた時に、ものすごく気になってた停留所、網走地方気象台

DSCF3012_convert_20170815201046.jpg
だって、流氷が陸地から肉眼で見える「流氷初日」を観測 したって、
ここから発表されるんですよ!すごいじゃないですか!
(って、感動しているのは自分だけでしょうか!?)

「流氷初日」なんて、流氷がやって来る場所じゃないと発表出来ないんですから!
(当たり前のようで、当たり前の話しですが^^;)

続いて、懐かしい道を走ります。
やはり忘れていませんでした。
カーナビなんて全然必要ありませんでした。
そう、あんなに走り慣れた道ですから。

DSCF3013_convert_20170815201132.jpg
母が入院していた病院に到着しました。
そして、ロビーにいた網走のおばあちゃんと再会!

その時、神様のお導きなのか、
偶然にも母の手術を執刀して下さった医院長先生が通りかかりました。
母は思わず「先生!」と。
「2年前、埼玉から観光に来て、怪我をした時に手術をして頂いた者です。
あの時は、助けて下さって本当に有難うございました。」
医院長先生も、
「あっ、あの時の?今日はまたどうして?転ばないようにして下さいね。」

病院に到着してから、わずかに5分。
それは思いがけない再会でした。

病院を待ち合わせ場所にはしたけど、
過酷な職場環境、ご迷惑になることは避けたい。
母とおばあちゃんと自分と、
あの時あったことを懐かしめればそれで十分。
そう思っていただけに、
まさかの医院長先生との再会は、思いがけない出来事でした。

その瞬間、あの3週間のことが走馬灯のように蘇りました。
そう、確かに過ごしていたあの時間・・・
あの朝、この場所から東京に向けて帰って行った自分たち。
その場所に、再び母と自分が居る・・・

DSCF3014_convert_20170815201210.jpg
たくさんの思い出が出来た病院の駐車場。
ここで、秋桜を見つけ、どこよりも早い秋を感じたんだっけ・・・

また、ここに来れたのが夢のよう。
本当に嬉しかったけど、もうここに来るのはこれで最後にしよう。

病院をあとにして、網走のおばあちゃんと3人でランチへ。

DSCF3016_convert_20170815201307.jpg
お寿司屋さん。地吹雪除けがある!

DSCF3024_convert_20170815201444.jpg
網走のおばあちゃんと2年間の空白を埋めます。

DSCF3021_convert_20170815201349.jpg
ホタテ!新鮮です!

DSCF3022_convert_20170815201416.jpg
話しも沢山出来ました。お寿司もとても美味しかったです!

DSCF3025_convert_20170815201511.jpg
この2年間の間に、出川さんがいらっしゃったんですね~

ランチのあとは、
母があの時出来なかった「網走観光」へ案内します♪

WHAT'S NEW?