I Love SEOUL!!~2011秋~

201110韓国202

201110韓国201

この旅から早くも1ヶ月半の時が流れました。
あの頃、やっと秋が深まったなぁと思っていましたが、
今は日本で、晩秋から初冬の気配を感じています。

201110韓国203

201110韓国205

陽の光もすっかり弱くなり、
夜の時間が長くなりましたね~
まもなく冬至を迎えるんですもんね・・・

201110韓国208

201110韓国209

日本と似ているようで、
まったく別世界のソウルの街。
そこは、人も空気も違えば、漂っているオーラも違います。
まさに人の“生きる力”を感じるのは自分だけでしょうか。

201110韓国206

201110韓国207

何かに戸惑い、心も体も疲れきってしまった時、
これからも自分は迷わずソウルを旅することを選ぶと思います。

そして、いつか誰かがそんな気持ちになった時、
真っ先に、心から元気になれるソウルの旅をオススメするでしょう。

201110韓国204

20110韓国210

先日テレビで観た歌謡祭も、
韓国勢の勢いが圧倒しているような感じがしました。
きちんとした目的意識と、その先の着地点を目指す姿勢は、
完全に韓国勢に軍配があるように思います。
そして、それは今の日本に足りないものでもあります。

自分も着地点を見失わないように、また頑張っていこう!
さて、次回はどんなパワーをもらって来ようかな?

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

I Love SEOUL!!~2011夏~

201108韓国181
「夏の朝焼け 南山とNソウルタワー」

201108韓国182
「まだ灯りの残るミレニアムソウルヒルトンホテル」

最終日は朝4時起きです。
昨夜の酒が残っているということもなく、
また寝坊することなく起きることが出来ました。

仁川空港までの1時間は爆睡。
気がついたら空港に着いていました。

いよいよ帰国です。

201108韓国183
「永登浦にて」

201108韓国184
「表があって、裏があって」

201108韓国185
「屋上から突き出るNソウルタワー」

201108韓国186
「南大門へ続く坂道」

201108韓国187
「南大門市場の入り口」

201108韓国188
「遠くに光る夜のソウル駅」

韓国に通い始めて数十年、
まだ韓国の世界遺産に行ったことがないなぁ~
と思い立った今回の水原華城を巡る旅。
とはいえ、日本の世界遺産だってろくに巡ったことがないんです・・・

今回の旅行で一番印象に残ったのが、
たくさんの地元の方々に声をかけられたことです。
おそらく、こんなに声をかけられたのは初めてです。
「バスの乗り換えはどうすればいいか」
(韓国はバスを乗り継いで行くことが多い)
「携帯がカメラの使い方を教えてほしい」
「交通カードのチャージはどこで出来るか」

などなど老若男女、聞かれたことは本当に様々です。
そして、10数人中、まともに答えてあげられたのは3人くらい。
30%の確率じゃ、まだまだ韓国通とは言えないですね~

低所得層の子どもたち、つらく寂しい夏休み
という記事を読みました。
高所得者だから、低所得者だからどうのこうのではありません。
皆、それぞれ自分の人生を全うして今を生きています。
生きるって必死です。

水原の駅で2日連続で、
必死に品物を売っている女性を見ました。
自分ももっと必死に生きないと!

今回の旅も色んな意味で“ヒント”が貰えました。

I Love SEOUL、
自分は何だかんだ言ってもやっぱり、ソウルです!!

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

I Love SEOUL!!~2011冬~

201101101.jpg

201101102.jpg

201101103.jpg

201101105.jpg

201101104.jpg

201101106.jpg

2011_01100.jpg

201101107.jpg

201101108.jpg

201101110.jpg

半年ぶりの韓国の旅。
今回はソウルでの滞在が短かったけれど、
欲張ってあちこち廻った時に撮った“瞬間”を集めてみました。

韓国の今年の冬は寒いというけれど、
昔はこんなもんじゃなかったかな!?という印象があります。
某韓国の中央日報の記事でも、
我々の先祖はもっと寒い冬を過ごしていたんだから、
こんなもの大したことじゃないと書かれていました。

まるで自分の気を引き締めるような文章ですが、
今の日本にはその厳しさがない。

今や世界各国への攻勢も、
日本は中国や韓国に先を越されています。

ソウルを移動する際も、食事をする際も、買い物をする際も、
同じ東アジアの国でありながら、明らかに違う今の日本にはない
“パワー”を感じずにはいられません。

もしかしたら、韓国を旅した日本人が皆そう感じているのかもしれません。
分かっているのに、自分の国では味わえないことを知っている。
だからまた韓国を訪れるのかもしれません。

実は私もそのひとり・・・

I Love SEOUL!!
2011年もどうぞよろしく!!

今回も最後までお付き合い下さいまして、
감사합니다~~(^.^)/~~~

※ I Love SEOUL!!~2010夏~(2010/08/03
※ 朝鮮日報 「日本が失ったのはハングリー精神
※ 「日本の家電はどうして高機能化一辺倒なのか

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

I Love SEOUL!!~2010夏~

201007ソウル1
東大門「ミリオレ」

201007ソウル2
普門洞

201007ソウル3
清潭洞「エルルイホテル」

201007ソウル4
夕暮れの漢江

201007ソウル7
狎鴎亭・清潭洞「ギャラリア百貨店」

201007ソウル5
ソウル駅

201007ソウル6
明洞「ロッテヤングプラザ」付近

201007ソウル11
「明洞餃子」

201007ソウル9
鍾路付近の街並み

201007ソウル10
鷺梁津駅


もうソウルの街もだいぶ歩き回ったし、行くところも限られてきたな・・・なんて言ってたら大間違い!!ソウルは行く度に急速に姿形を変え、変貌していきます。しばらく行っていなかった場所も、いつも行っているのに今回行かなかった場所も、この先もずっとこうして姿形を変えていくことでしょう。
訪れるたびに魅了され、日本に戻った瞬間に早くも「また行きたい!」と思うのがソウルの魅力です。この気持ちは実際に行った者にしか分からない、ある種麻薬にとてもよく似た何かなのかもしれません。
今回はとても短い滞在期間でしたが、その中に詰め込んだたくさんの荷物は、重量オーバーで日本に持ち帰れないほどあります。飛行機の出発1時間を切っても、金浦空港のフードコートで缶ビールを片手に、テレビに映し出されているお笑い番組を観てゲラゲラ笑っていました。数時間後にはテレビから流れる言語が、韓国語から日本語に変わることを意識しながら・・・ でもその瞬間、また来よう!そのためにまた明日から頑張ろう!という気持ちが湧いてきます。
ソウルという街は、そんな元気をたくさん貰えるとてもエネルギッシュな街です!!今回も旅行記を最後までお読み下さってありがとうございました(^^♪ここで書いたことが少しでもお役にたてれば幸いに思います。
「I Love SEOUL」・・・それは、自分にとって貴重な元気の源です(^_^)/~

※ 「I Love SEOUL」(2009/12/05)

テーマ:☆I Love ソウル☆
ジャンル:旅行

I Love SEOUL!!

ソウル3
「夜のカロスキル

ソウル4
「地下鉄3号線から眺めた漢江

ソウル5
景福宮駅

ソウル6
「マウルバスに乗車前のバス停で」

ソウル11
「オクインアパートからのソウルの街並み」

ソウル7
「明洞から眺めたNソウルタワー

ソウル8
テビョンノとその奥のプッカンサン

ソウル12
「鮮やかなソウル市庁

ソウル9
世宗文化会館の階段」

ソウル10
現代百貨店 狎鴎亭本店前のクリスマスツリー」

ソウル13
南部ターミナルで見かけた果物やさんのトラック」

ソウル14
「南部ターミナルのイルミネーション」

ソウルを北へ南へ東へ西へ・・・

滞在中、朝から晩まで、本当に充実した日々を過ごしました。
最終日の夜は、とうとう一番楽しみにしていた焼肉屋さんさえ諦めてしまいました。

やっぱ歳かなぁ・・・

これだけじゃなく、
実際はもっともっと色んな所に行ったのですが、
今回はこのくらいにしておきたいと思います。

本当は・・・全然、全然物足りないのです!

まだ見ぬソウル、
本当に見たいソウルはどこにあるのだろう?

行ってみたい、
この目で確かめたいソウルがたくさん残っているはずです。

「アイラブソウル」

それはまた次回にとっておくことにしたいと思います。

テーマ:☆I Love ソウル☆
ジャンル:旅行

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

ANA (4)

プロフィール

ユ・ミヌ(유민우)

Author:ユ・ミヌ(유민우)

@take_79.5


当ブログで使用している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。
権利を侵害するものではありません。

ブログランキング




にほんブログ村

リンク

月別アーカイブ

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Flag Counter


四つ葉のクローバー

「四葉のクローバー」ブログパーツ

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ