Photo Gallery

DSCF1554_convert_20171113214020.jpg
写真は昨年(2016年)9月、自分が板門店(판문점)を訪れた際に撮った1枚です。

【ソウル聯合ニュースより引用】
韓国軍合同参謀本部の関係者は13日、北朝鮮軍の兵士1人が亡命した際、北朝鮮側との交戦はなかったと明らかにした。
 同関係者によると、兵士は同日午後3時31分ごろ、南北軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)の北朝鮮側から韓国側施設「自由の家」に向かって亡命した。亡命の際、北朝鮮軍から銃撃を受け、ひじや肩などを負傷したという。
 韓国軍は銃声を受けて監視態勢を強化し、午後3時56分ごろ、軍事境界線から南側に約50メートル離れた場所で血を流して倒れている兵士を見つけ、身柄を確保した。
 兵士の軍服を着ていたが、正確な身元は確認されていないという。武装はしておらず、亡命の際に数発の銃声が聞こえたとされる。 兵士は国連軍司令部のヘリコプターで病院に緊急搬送された。
 北朝鮮軍に特別な動向はないが、韓国軍は挑発の可能性に備え、警戒態勢を強化している。


14年振りに昨年訪れた時も、近年の北朝鮮の動向から緊迫した空気が感じられました。
あの場所で実際に銃撃があったと思うと、背筋の凍る思いです。
今回の件で、北朝鮮が挑発行動に出ないことを祈るばかりです・・・

200701011.jpg
夕暮れのソウルに到着しました♪

冬の夕暮れは、綺麗だけど、
その清々しさが、逆にどことなく寂しい・・・
(ちょっと昔の映画を観ているようですね

200701012.jpg
この時の宿泊は、
ホテルノブレス&メルディアン
(호텔 노블레스 메르디앙)
でした。

200701015.jpg
ソウルの東部、
長漢坪(チャンハンピョン)にあるホテルです。

200701013.jpg
日本式スタイルとヨーロッパ風スタイルを
併せもったホテルとうたってありましたが、

強いて日本式というならば、
やはりラ〇ホといった方が早いかも

200701014.jpg
韓国を旅慣れた自分たちは、
この方がかえって落ち着きますが・・・

200701016.jpg
5年前(もうすぐ6年になるのか・・・)も
悠々と流れていた冬の漢江

200701017.jpg
自分は、秋の韓国がいちばん好きですが、
本当の韓国の良さを知るには、断然冬がオススメです

가는 정이 있어야 오는 정이 있다
(行く情があってこそ 来る情がある)

そんな、人々の情が厚い
韓国がとても大好きです

次は、北京の思い出です

今回から数回、
2007年冬に訪れた、ソウル旅行(1月)と
北京旅行(2月)の思い出をお話します。

今年の日本は夏以降、
韓国、中国
この隣国2国との関係が悪化しました。

それは、自分の旅の予定にも
非常に大きな影響を与えました。

日本が成長を続けるためにも、
この2つの国との関係は、
重要であることに変わりはありません。

そんな、韓国と中国との関係が、
1日も早く良好になることを願って、
この特集をお伝えしたいと思います・・・


5年前・・・
自分は、偶然にも韓国の首都・ソウルと
中国の首都・北京を2ヶ月連続で訪れました


まずは1月、
韓国・ソウルへ

200701001.jpg
成田第1ターミナルにて、エア・タヒチ・ヌイ

JAL派の自分が、
この時は珍しく、第1ターミナルからの出発・・・

200701002.jpg
かつて、午後の成田第1ターミナルは、
このマークの翼でいっぱいでした・・・

ノースウエスト航空
2010年1月をもって、デルタ航空となりました。

そして、

この時、自分が乗った飛行機は、
大韓航空
KE704便

200701003.jpg
1機前の釜山行の大韓航空は、特別塗装機でした。

200701004.jpg
離陸したあと、旋回しながら上昇し、
今離陸してきたばかりの成田空港を眼下に見下ろします。

そして、楽しみにしていた機内食

200701005.jpg
オジンオポックム(오징어볶음)でした~

まだこの時は、単なる記念写真でしたので、
撮り方がかなり雑ですね・・・
でも、古めかしい感じが出ていて、
かえって良いかも!?

実は、この時以来、
大韓航空には乗っていないのですが、
今の機内食はどうなのでしょう??

仁川まで、
とても快適だったのを覚えています

また、いつか機会があれば搭乗したいです。

WHAT'S NEW?