Photo Gallery

20130702125.jpg
いよいよ帰国します。
ここから見る飛行機は、いつもカッコイイ!!

20130702126.jpg
シートベルトサインが消えましたが、下界は雲に覆われています。

20130702145.jpg
くしくも昨日居た水原の上空を通過して帰ります。
水原華城に居た時、飛行機のエンジン音が聞こえていました。

20130702128.jpg
Cクラスの機内食はやっぱり豪華です

20130702129.jpg
“和”やすらぎ御膳

20130702130.jpg
メインはさわらと湯葉のあんかけ御飯

20130702131.jpg
いい加減にして~と言われそうですけど、
次はいつCクラスに乗れるか分からないので、
やっぱりいただきます

20130702132.jpg
行きはガラガラでしたが、今日は満席です。
帰りはひとりだから、外の景色を堪能しよう。

20130702133.jpg
ワインのおかわりを勧められたけど、
そろそろコーヒーにしときます

20130702134.jpg
日本の上空に差し掛かると、雲がとれてきました。

20130702135.jpg
おっと!仁川発の便ですが、今日は伊勢湾を抜けるコースのようです。

羽田の再国際化以後、羽田周辺の混雑の影響で、
仁川発、成田行の便は、北陸を回って茨城県を南下するコースが普通でしたが、
今日は、金浦発、羽田行と同じコースを辿るようです。

20130702136.jpg
濃尾平野と右側に名古屋市が見えます。

20130702137.jpg
浜名湖です。

20130702138.jpg
浜松市沖を飛行中。

20130702139.jpg
大井川が見えます。

20130702140.jpg
伊豆半島を横断します。

20130702141.jpg
房総半島が見えてきました。

20130702142.jpg
旅もそろそろ終わりです。
いつもこの瞬間がとても寂しいです。

短かったけど、
今回も充実した旅をすることが出来ました。

オフ会を主催して下さった豊年満作さんをはじめ、
成田から同行して下さったNaokoさん
出会った翌日に水原に同行して下さったブライアンさん
そして、現地でご一緒させて頂いた皆様、
楽しい旅をありがとうございました

また、旅に出るその日まで・・・
20130702117.jpg
帰国する日の朝は、苺牛乳に苺サンドケーキの苺づくし

20130702118.jpg
ふわふわのケーキで、これ美味しかった!!

さて、Naokoさんは昨夜遅くにホテルに戻ったみたいなので、
起こさずに行こう。また日本で会いましょう!!

帰国便もNaokoさんは、夜の金浦発、
自分は昼の仁川発で帰ります。

20130702119.jpg
テレビのニュースは、両キャスターの間に北の方が・・・

朝食を食べ終わったところで、
少し早めにホテルをチェックアウト。

20130702120.jpg
今日は雨です。旅先で傘を使ったのは久しぶりです。
ホテルの前のバス停からリムジンバスに乗りました。

そして、40分ほどで仁川空港に到着しました。
早いっ

手早く搭乗手続きを済ませて、
今日も出発までラウンジを満喫します。

20130702121.jpg
JALの仁川空港でのラウンジはKALラウンジです。
広々として居心地いいです。

20130702122.jpg
例によって、最初にチェックしたのはもちろんこれ!!
昨夜もひとりワインしたばかりですが、今日も昼間からいただきます

20130702123.jpg
飛行機の見える席を陣取って、ぼーっします。
何と贅沢なっ、たまらないっす!

20130702124.jpg
結局、ここでまた2杯ほどいただいちゃいました(笑)

さて、いよいよ搭乗です。
ソウル駅は、バスセンター側はとても立派な駅舎ですが、
反対側はこじんまりとしていて、人も少なく、意外な穴場であります。

20130702109.jpg
表!?の立派な駅舎とは打って変わって、
静けささえ漂う、反対側のソウル駅の入口。

新村、坡州、汶山方面の京義線へはこちらからが便利のようです。

20130702110.jpg
こんなにも人の数が違うって・・・
同じ駅とは思えない・・・
ここも立派なソウル駅です。

自分たちが宿泊している麻浦のホテルへ帰るには、
この階段を下りて、

20130702111.jpg
「ソウル駅西部」という名のこのバス停から乗るのが便利です。
やっぱり麻浦って、色んな意味で非常に便利な立地です。

20130702112.jpg
日が暮れてきました。今日も一日が終わろうとしています。
バス停の前のお店、とても美味しそうだった。今度来てみよう!

そして、ホテルに着き、
隣りの部屋だけれど、Naokoさんともここでお別れです。

今日もオフ会が開催されますが、
自分は我儘を言って、今日はひとりワインをさせてもらおう

Naokoさん、ここまでありがとう。
皆さんによろしくお伝えください。

20130702113.jpg
今日の往復の切符。特急だけあって、セマウル号の方が₩2,100高い。
そんな楽しかった1日を振り返りながら・・・

20130702114.jpg
ホテルのラウンジでひとりワインです。
向こう側の席に誰もいないのは、やっぱりちょっと寂しいかな・・・
でも、たまにはいいよね、こーいうのも。

そう思うと、自分は一人旅は出来ない性格だと分かる・・・

20130702115.jpg
夜の散歩にも出てみましたが、やっぱり寂しい・・・
ので、コンビニで買い物して、とっとと部屋に戻りました。

20130702116.jpg
そして、旅先で異例の22時に就寝

早くも、明日は帰国であります。
20130702101.jpg
水原駅に停車中の新電動列車ヌリロ号(누리로호)
こんなに近くで見たのは初めてです!!やったぁ~

このヌリロ号は、行きに乗ったムグンファ号を代替する目的で、
2009年6月から導入されました。

そして、この車両、韓国では珍しい日本製であります!!
(詳しくは、韓国 日立グループのサイトをどうぞ!!)

2020年までには、
完全にムグンファ号からヌリロ号に世代交代するそうです。

ということは、ムグンファ号にも乗れるうちに乗っておかないと・・・

20130702102.jpg
そして、我々が乗るのは、この後のセマウル号(새마을호)です。
3分ほど遅延してます。

20130702103.jpg
そして、遅れを取り戻そうと必死になって列車がやって来ました。

自分は、ムグンファ号も好きですが、
何よりセマウル号が大好きであります。

20130702104.jpg
現在のセマウル号は機関車が牽引しています。

今年の2月までは、気動車による運用も存在していました。
あの独特の姿形が好きだったんですが・・・
(以前の気動車⇒2009/1/18

20130702105.jpg
客車は変わっていませんが、老朽化がかなり激しいです。

20130702106.jpg
この列車は、東大邱(동대구)が始発駅のようです。

って、呑気に写真を撮ってる場合ではありません。
停車時間が短いので、急いで乗車します。

20130702107.jpg
帰りは、Naokoさんにゆっくり乗ってもらおう。
ということで、自分がブライアンさんの隣りに。

ソウルまでは30分足らずの短い旅です。

20130702108.jpg
そして、あっという間にソウル駅に到着しました。
列車は、折り返し東大邱行となるようです。

日帰りの忙しい旅ではありましたが、
久しぶりに列車にも乗れたし、楽しい一日でした!!

さて、ブライアンさんとはここでお別れです。
Naokoさんと自分も一旦ホテルに帰ります。
2年前に出会ったあの味が忘れられなくて・・・

再び、バスに乗って移動。
やって来たのは、2年前(2011/8/2)に探しに探した地元色たっぷりのお店、

20130702086.jpg
ファチョンカルビ』(화청갈비)です

色気より何とかで、
今回の水原訪問はこっちがメインだったりして

20130702087.jpg
あの時と変わらぬ佇まいを目にした時は、思わず叫んでしまいました!!
(お二人とも、煩くってごめんなさい。)

というのも、移り変わりの激しい韓国だけあって、
行く前に確認はしておいたものの、
この目で見るまでは、お店が無くなっていないか心配でした。

20130702088.jpg
어서 오세요~
と、中からアジュンマの大きな声が響きます。

20130702089.jpg
パンチャンが美味しかったのがすごく記憶に残っていて・・・

我々が、日本人だと分かると、
イルボン・・・とか何とか言っています。

20130702091.jpg
が、あの時もそうでしたが、
こちらのお店の方、本当に丁寧な接客なんです。

20130702092.jpg
これこれ!これが美味しかった!

そんな丁寧で親切な接客に、
絶対また来よう!とあの時誓ったのでした(笑)

今日は、また念願が叶った

20130702090.jpg
カルビ登場

20130702093.jpg
だんだんと焼けてきます

20130702094.jpg
焼けました~

最初のひとくち、
Naokoさんが、「おいしい~っ」っと叫びます。

その顔を見たら、
水原まで来て本当に良かったなぁって、
心の底から思いました

20130702095.jpg
と思ったら、いきなりソジュ。
あまりの美味しさに、最初のビール撮るのを忘れていました

ブライアンさんが、
「ここに日本人が来ますか?」とお店の方に伺うと、
首を横に振っていました。

彼は、勉強中の韓国語を積極的に使っていて、
その一生懸命さには頭が下がります。

そう、このお店には、日本語が出来る方は一人もおりません・・・
まぁ、当たり前の話なんですけどね。

20130702096.jpg
冷麺は5時からなの・・・と言われたのに、
特別に出して頂きました!!美味しかった!!

20130702098.jpg
最後はスジョンガで締めです。
あまりにも美味しくって、すごい満足感

二度あることは三度ある!で、
ぜひまた訪れたい美味しいお店です


ファチョンカルビ(화청갈비)
住所:京畿道水原市八達区仁渓洞364-3
   경기도 수원시 팔달구 인계동 364-3
行き方:水原駅よりバスで、ニューコアアウトレット(뉴코아아울렛)下車、
    そこから徒歩約10分です。(大きな地図をご参照下さい。)

大きな地図で見る

WHAT'S NEW?