Photo Gallery


帰国の日は、朝4時半に起きて、
5時半過ぎのリムジンバスに乗車しました。

仁川空港へは、6時10分頃に到着。
孔徳から30分ちょっとで来ちゃいました。

20121224006.jpg
日本にも乗り入れている澳門航空


毎回、懲りずに早朝便を選んでいますが、
仁川を8:00に出発する便が1番格安です。

昼や夜の金浦発と比べると
数万円違うこともしばしば。

帰る日は気持ちもソワソワするタイプで、
家に帰ったら、すぐに荷物をすべて片付けないと
気が済まないタイプでもあるので、

午後には家に到着出来るこの早朝便は、
起きることさえ頑張れば、とても都合が良いです。

20121224007.jpg
機材は『JA614J』全体が見れないのが残念。

仁川空港を定刻に出発。
海上を大きく旋回して、一路東へ。

20121224008.jpg
機内食は、ハムとチーズがサンドされたクロワッサン。
そして、いつものヨーグルト。

ちょうど良い量だし、
とても美味しかった!!

20121224009.jpg
朝鮮半島から洋上へ出ました。

航路は、北陸を経由して、
関東北部から茨城県へと抜けていきます。

20121224005.jpg
天気図は、冬型の気圧配置。

山間部(左側)は厚い雪雲に覆われていますが、
関東平野(右側)に差し掛かると、
さっぱりと雲が消えていきます。

その境界線が、空の上からはっきり!

そして、
定刻より若干早く成田空港に到着。

今回の年末韓国の旅も
無事に終えることが出来ました。

成田空港に到着した時の
あの寂しさったらないけど、
また次の出発日が来るまで・・・
頑張っていきましょう~!!




『ボーイング787のその後の状況について』

2013年1月16日、山口宇部空港から東京国際空港(羽田空港)に向かっていた全日空692便(機体記号JA804A)は、飛行中に、バッテリーから発生した煙により機内に異臭が発生し、高松空港に緊急着陸。以降、運輸安全委員会より重大インシデントに認定され、また、その後のアメリカ連邦航空局の命令を受け、全世界で運航中の8社49機の機体すべてのボーイング787が運行停止となっています。ボーイング社は、現在、787の納入を一時停止することを決めています。

※ 2013年1月4日、米国のユナイテッド航空が、同社にとって787を導入する初の国際線定期路線、ロサンゼルス-成田線7を就航させたばかりであったが、わずか2週間あまりで休止となってしまいました。(現在は、777-200で運航中。)この路線は、外国の航空会社として初めて787の日本への乗り入れでありました。

※ 2013年2月4日、日本航空は、成田―ヘルシンキ線の開設を延期すると発表した。787を使って2013年2月25日から週4往復する計画だったが、機材確保のめどが立たなくなった為で、開設時期は現時点では未定とのこと。また、2月末までの国際線計6便を新たに欠航することも発表しました。成田―ボストン線、成田―サンディエゴ線に影響が出る模様です。

20121224787.jpg
運航再開までには、年単位の時間を要するとも言われている787。
一日も早く、再びその姿を見せてくれることを期待しています。

もう何度も当ブログではお伝えしていますが、
ここ近年のソウル旅では、
麻浦/孔徳(마포/공덕)エリア
に宿を取ることが多くなりました。

それもこれも理由はただひとつ・・・

仁川空港、金浦空港への
アクセスが非常に便利だということ!

帰国日、早朝便で帰ることが多いので、
出来るだけ空港にすぐに行けるところ!
ということで、
最近は、このエリアから離れられなくなりました

帰国便が午後だと
もう少し冒険もしてみたいのですが・・・

さて、

麻浦から仁川空港までの
リムジンバスの乗り場は以前(2012/10/12
お話しましたので、

今日は、孔徳から仁川空港へ行く場合の
リムジンバス乗り場をご紹介します。

20121224701.jpg
実は、孔徳の場合、道路の真ん中!
リムジンバス(6015)もあと何分で到着するか
表示されています。

20121224702.jpg
麻浦が、リムジンバス専用のバス停なのに対して、
孔徳は、普通の市バスと同じ乗り場になります。

20121224703.jpg
ここからは、KALリムジン一般リムジン・6015
に乗車することが出来ます。

次の「ソウルガーデンホテル(麻浦駅)」を過ぎると
仁川空港までノンストップです

このバス停の近くには、

20121224705.jpg

20121224704.jpg
今回、我々が泊まったStay7孔徳や、

20121222097.jpg
ロッテシティホテル麻浦などがあります。

孔徳には、空港鉄道(A`REX)の駅もありますが、
早朝などは、時間的にもリムジンバスの方が便利だと思います。

日本への帰国便が早い方などは、
ぜひ、麻浦/孔徳エリアをご検討されてはいかがでしょうか??

ソウル最終日の夜も
いよいよ終盤を迎えました。

すぐに来れると分かっていても、
やはり明日は帰国となると本当に寂しい・・・

そして、最後にやって来たお店は、

20121223071.jpg
ウォンジョマポハルモニピンデットッ
(원조 마포할머니 빈대떡)

ティギム(天ぷら)やピンデットク(緑豆のチヂミ)
がとても美味しいお店です。

20121223072.jpg

20121223073.jpg
韓国のお店でよく見かける
「こんな番組に出ました~」
みたいなものがズラリ(笑)

20121223074.jpg
ジョン(チヂミ)にはやっぱりマッコリですね~

20121223075.jpg
そして、ティギムの盛り合わせが登場です♪
どれも、とても美味しそう~!!

20121223076.jpg
こんな狭い通路のあちこちに部屋があって、
お店をどんどん拡張していったようです。

20121223077.jpg
したがって、お手洗いにはこんな注意書きが・・・

「ここは公衆トイレではありません。
ハルモニピンデットク専用トイレです。
違う業所にお越しのお客様は、
使用を禁じて下さい!」

う~ん、でもまさにその時!
禁じるのはすご~く難しい(笑)

とても美味しいティギムのお店でした!!


《お店データ》
『ウォンジョマポハルモニピンデットッ』
(元祖麻浦ハルモニピンデットッ)
場所:ソウル市麻浦区孔徳洞256-30孔徳市場内
   서울시 마포구 공덕동 256-30 공덕시장내
24時間営業、休みなし

より大きな地図で 無題 を表示

20121223051.jpg
ソウルの台所と呼ばれる
鷺梁津水産市場(노량진수산시장)
にやって来ました!!

20121223052.jpg
東京の築地と同じく、
とても活気溢れる市場です。

20121223053.jpg
色んな種類の海老と貝が溢れかえっています。
上から覗くとすごくよく分かります。

20121223054.jpg
お店の前で、お客さんが交渉しています。

20121223055.jpg

この水産市場では、
買ったばかりの新鮮な魚を、
市場内のお店で料理してもらい、
そのまま食べられるというシステムがあります!

ぜひ、それを一度経験してみたかったんです。

20121223056.jpg
maggieさんM子女史さんが、
一生懸命交渉して下さいました。

20121223058.jpg
お店の方が、購入した魚を持って、
提携の食堂に案内してくれます。

20121223057.jpg
お店は、地下1階にあります。

20121223059.jpg
その名も『ソウル食堂』

20121223060.jpg
大勢の方で賑わっています。

鷺梁津の駅で合流した、noripさん
後から現在ソウルに在住してるNさんも合流。

20121223061.jpg
新鮮なお刺身!?や

20121223062.jpg
新鮮な牡蠣!?を

20121223063.jpg
焼酎とともにいただきました!

20121223064.jpg
最後は、アラをメウンタンでいただきました!

20121223065.jpg
この雰囲気と美味しい魚に美味しいお酒で
大変満足しました!!

のはずでしたが・・・
冬の生牡蠣には十分注意しましょう~


《行き方》
地下鉄1・9号線、鷺梁津駅下車徒歩約5分。

より大きな地図で 無題 を表示

20121223041.jpg
ソウル最終日の夜は、鷺梁津(노량진)にやって来ました!!

20121223042.jpg
こちらの駅、どことなく日本の私鉄の駅みたいで、
韓国の駅という感じがしないところが好きです。

KORAIL 鷺梁津の夕日♪

どこかで聞いたようなゴロだということに
気づいて頂けましたでしょうか??

でも、駅といい場所といい、
どことなく懐かしい雰囲気が漂っているという点では、
共通なのかもしれない・・・

20121223043.jpg
何か人間ドラマが生まれそうな夕方の改札口・・・

20121223044.jpg
駅の外に出ると、夕日に輝く63ビル

20121223045.jpg
ちょっと、東京の日暮里のような雰囲気を感じます。

日暮里も新幹線や東北方面に向かう列車が走っていて、
鷺梁津もKTXや地方へ向かう列車が走っています。

そんなところもそっくりなんですね~

20121223046.jpg
そして、夕日が沈み始めます。

20121223047.jpg
そこへ、大好きなムグンファ号が、
大きな音を立てて通過していきます。

20121223048.jpg
こうして旅先で夕日を眺めると、
本当に旅に出て良かったなぁと思います。

20121223050.jpg
鷺梁津の夕日、とても感動しました

さて、
この時間にここまで来たということは・・・

20121223049.jpg
やっぱりここへ行かなきゃ!ですね~(笑)

WHAT'S NEW?