韓国/ソウル (最終回)

2008.10.29 06:00|2008.10 束草/ソウル
とりあえず、宿泊するホテルのあるミョンドン(明洞)へ。
明洞に泊まるのはどれくらい振りだろう。

ここのところの宿って、
ワンシムニ(往十里)とかチャンハンピョン(長漢坪)だったり。

って、決してアヤしい目的で泊まっていたわけではありませんので!

それに比べ、ここ明洞は、
ほとんどの店で日本語が通じるし、
日本人観光客を見ないことはない街。

そして、明洞餃子にて、カルグクス、マンドゥ、激辛キムチの昼食。
予想どおり腹いっぱい食べる。

その結果、昨夜の激痛が復活!!
・・・ヤバイ・・・。

喫茶店で休むも一向に治まる気配なし。

Hさんの頑張りにより、ホテルのチェックインを早めてもらいました。

以後、
とにかく必死!!だって、せっかく来たのにぃ~。

頑張って、頑張って、
ところどころ出かけた風景で恐縮ですが・・・。

チョンゲチョン
元気になったチョンゲチョン(清渓川)
あえて「元気になった」と表現したのには理由があります・・・。

チョンゲチョン前のビル
「2008 韓日観光交流の年」。今年ってそうだったんだぁ~。

新村
すごく久しぶりのシンチョン(新村)。やっぱ若者が多いぃわぁ~。

新村アイス
せめて、せめてアイスくらいはと・・・でもやっぱりこのあと・・・(>_<)

世宗文化会館2
ドラマ「ヨルムヒャンギ(夏の香り)」の撮影地でもあった世宗文化会館

世宗文化会館1
最初と最後のシーンをこの階段で・・・。

毎回来るたびに色んな経験や発見をするけど、
韓国でこんなに具合が悪くなったのは初めて。

そんなときもあるさっ!

今年はこれで最後になると思いますが、
また来年来るぜぃ(^_-)-☆


(おわり)


ちなみに、その後の健康状態ですが、
帰りの飛行機からは絶好調!!今は至って元気っす(^^♪
いったいなんだったんだろう??

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

韓国/江原道・束草からソウルへ 

2008.10.28 06:57|2008.10 束草/ソウル
バスは来た道を戻りますが、
行きと違って、帰りは2列側の席が海沿いになります。

東海1
海は朝日で輝いていて、とても綺麗ですが、

東海2
海岸沿いには、
北朝鮮の工作員が侵入するのを防ぐための鉄条網が張り巡らされ、

東海3
工作員の発見を容易にするための投光器があちこちに設置されています。
韓国が現在でも、準戦時体制の国であることを実感させます。


そして、バスはまた山間部をしばらく走ります。

高速道路1
ウォンジュ(原州)」「セマル」方面50号線を走行中!
さすがにこの辺りは紅葉が進んでいます。

休憩所1
途中、行きと同じくサービスエリアに立ち寄ります。
帰りはフェンソン(横城)サービスエリアにて休憩です。

休憩所2
日本の高速道路のサービスエリアとなにも変わらない。


そして、

高速バスターミナル
11時半過ぎ、渋滞もなくソウル高速バスターミナルに到着。
腹痛も消えて、なんかソウルに着いたら元気になってきたぞっ!!

朝から控えめな食事のおかげで、お腹もペコペコだし、
お昼はなにを食べようかなぁ~。

と、あの激痛のことはすっかり忘れてしまってたのですが、

このあと、再びあの悲劇が襲ってくるとは、
やはりこのときも思ってもみなかったのです・・・・・。


(つづく)

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

韓国/江原道・束草の旅 ④

2008.10.27 06:44|2008.10 束草/ソウル
ホテルに戻って、韓国のワインなんか飲んでいたら、
急にお腹が激痛になり、雷雲が発生、雷注意報発令です(汗

それから夜中までトイレに閉じこもりっきり。
やばい・・・これはただの腹痛ではない・・・。

ご一緒したHさんと相談して、予定を大幅に変更して、
明日の朝、ソウルにとんぼ返りすることにしました。

何かあっても、ソウルのような都会なら何とかなるし・・・。
束草では日本語が通じる病院なんてないだろうし、
自分のつたない韓国語では、どうすることも出来ないし。

ちなみに、7月に起きた北朝鮮金剛山観光客銃撃事件
(2008/07/11)の被害者の方が最初に運ばれたのが、
ここ束草の病院でした。


翌朝、
腹痛もなんとなく治まったけど、大事をとってソウルに帰ろう。

ホテルを出発。
結局、束草にはこのホテルに泊まりに来ただけかぁ(泣

せめて街の雰囲気だけでも!
と、ひとつ手前の停留所で降りて少し歩くことに。
(本当は間違えてひとつ手前で降りてしまったんだけど^_^;)

韓国の地方の街の雰囲気って好きだなぁ。

束草5

束草6
♪ポゴシプタ♪が流れてくるような雰囲気!?

束草7

束草8
左に行くと「カンソン(杆城)」「市庁」、右に行くと「束草海水浴場」。
真っ直ぐ行くと秋の童話の撮影地でもある「アバイ村」。

と、この写真を撮っていたとき、
反対側車線の車の中から、こっちに向かっておじさんが怒鳴っている。

何か悪いことしたかなぁ!?と思っていたら、
今度は後ろからおばさんが怒鳴っている。
しかも何か持って追いかけてくる!!

と思ったら、Hさんのデジカメのカバー。

そう、おじさんもおばさんも「落としたよ~!」と言っていたのです。
車の中からなんて、なんて親切なんだろう。
やっぱりここは韓国なんだ。

そして、その先にはやっと束草高速バスターミナルが見えてきました。

束草9

7:46分でしたが、
7:50分発のソウル行きのバスに間に合っちゃいました(間に合せちゃった)。


(つづく)

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

韓国/江原道・束草の旅 ③

2008.10.24 06:23|2008.10 束草/ソウル
市内バス7-1番に乗って、ソラクサン(雪嶽山)の入口にある、
本日宿泊するホテル雪嶽パークに向かいます。

バスの料金は、市内は一律₩1000(安ぅ~)。

束草市内バス
韓国特有の爆走!?急ブレーキ急発進は当たり前^_^;

バスは海岸沿いから山間部へ向かいます。

途中、「王葡萄」と書いてある葡萄直売所を結構見かけました。
秋ですね・・・。

20分くらいでホテル近くのバス停に到着です。


そして・・・2年ぶりのホテル雪嶽パーク!

雪嶽パークホテル
この三角屋根が目印です。

ホテル雪嶽パーク
「ホテル雪嶽パーク」。


雪嶽山は紅葉が美しいことで有名ですが、
やはり、今年は暖かいのか遅れ気味のようです。

雪嶽山
覆い被さるような紅葉を期待していましたが・・・。

雪嶽山2
まだこんなに青々としています。

テレビのニュースでは、クァンジュ(光州)で、
10月としては最も高い30.6℃を記録したと報じていました。

しかし、

雪嶽山3
ところどころ色づき始めている木も。あと1~2週間後ですかね。


そして、

ソクチョ(束草)での夕飯は・・・。

ヘムルタン
ヘムルタン(海鮮鍋)とビール(CASS)を2本!!

やっと、やっとこの激辛を食べることができました!!マシイッソヨ~。
日本だと遠慮してて、辛さが足りないんですよ。

な~んて、調子よくいただいておりましたが、

このあと、あんな悲劇に見舞われるとは、
このときは思ってもみなかったのです・・・・・。


(つづく)

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

韓国/江原道・束草の旅 ②

2008.10.23 06:17|2008.10 束草/ソウル
切符売り場のお姉さんに、行先を告げてお金を払います。

通常、行先だけ告げると、
たいてい次の空いているバスの切符を出してくれます。

高速バス切符

12:30発・・・。
えっ!?時計は12:21分・・・時間がない。

本当に次の空いているバスの切符をくれたんだ(汗

急いでトイレに行って、
売店のおばちゃんのところで、
バナナ牛乳と缶コーヒーを買って。

すでに16番乗り場、束草行きのバスの前には、
運転手さんが乗客が乗り込むのを待っていました。

高速バス(新

相変わらず、広くて快適なバス。
これだったら、4時間のバスの旅も苦にならない。
ゆったり車窓から、移りゆく韓国の秋を楽しめます。

高速バス(新2


バスは定刻に発車。
ターミナルを抜けると、すぐに高速道路に入ります。

京釜高速道路から嶺東高速道路に入った頃から、
時折渋滞になったりの遅いペース。

なので、バスはちょっと早めにサービスエリアへ。

これまでの乗車では、
フェンソン(横城・ソサ休憩所)サービスエリアでの休憩でしたが、
今回は、その手前のムンマク(文幕)サービスエリアで休憩。

そして、コグマスティックを購入。
ソウルの街中でもいたるところで売っていますが、
何故かバスの旅で食べたくなる旅のお供的存在。

コグマスティック
ジャガイモではなくてサツマイモ。甘くてとっても美味しい♪ ₩2300。

今回ご一緒させていただいたHさんは、
マッパ(さつま揚げみたいなもの)を購入。
売店でなかなか通じなくて苦労したらしい・・・。

日本でも韓国でも、
サービスエリアはとっても楽しいところ。

その後は順調に走行し、
ほぼ定刻の16:35頃に束草高速バスターミナルに到着。

束草高速バスターミナル(新

ここから本日宿泊するホテルまでは、
道路のはす向いのバス停から市内バスに乗ります。

束草1
はす向いのバス停から見た束草の街並み。

(つづく)

テーマ:韓国旅行
ジャンル:旅行

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

ANA (4)

プロフィール

ユ・ミヌ(유민우)

Author:ユ・ミヌ(유민우)

@take_79.5


当ブログで使用している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。
権利を侵害するものではありません。

ブログランキング




にほんブログ村

リンク

月別アーカイブ

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Flag Counter


四つ葉のクローバー

「四葉のクローバー」ブログパーツ

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ