Photo Gallery

となりの韓国人
となりの韓国人 傾向と対策』(黒田福美/著)講談社、2003.07


「傾向と対策」
なんて、著者らしくない、
(勝手知った昔からの知人のような口調でスミマセン・・・)
というか、本を読み始めた時に、
もう何度も訪韓した者なら、どこかで「そうそう!」と頷ける内容になっており、
これから再び訪韓するにあたって、また新たな“勇気が貰える”
そんな本であると感じました。
(あくまで個人的な感想ではありますが・・・)

そのことは、著者本人もまえがきで書いていて、
その、らしくない“傾向と対策”は、至る所で感じられております(笑)

著者の本はもう何冊も読ませて頂きました。
そのどれもが、その当時の革新的な内容になっていました。

自分も、自分だけの“ソウルの達人”を探し始めてから早十数年が経ち、
著者がソウルオリンピック以降の変わりゆくソウルに失望を感じ、
今後果たして何をネタに韓国を伝えたらいいのか戸惑っていた壁に、
実はここ数年、自分もぶち当たっておりました。

いったい何をしに幾度も韓国へ足を運ぶのだろう?
韓国へ行ったなら、必ず何か目新しい“ネタ”を持って帰らなければいけないような
この変な使命感みたいなものはいったい何なのだろう?

そんなことさえ考え始めていました。

ところが、この本を読み終えた時、
自分が本来“何をしたいのか”
韓国に“何を求めているのか”
が見えてきたような気がしました。

いや、見えてきたというより、
あの日、金浦空港に着陸する寸前に、雲の間から見えてきたソウルの街を、
背筋が凍るような(笑)思いで見つめたあのドキドキ感・・・

何をしたいのか、明確にはっきりしていた初めての韓国旅行の日、
あの日の気持ちを思い出すことができました。

何よりも自分が無条件で韓国が好きだということ。
韓国が好きという以外には何もない。

まるで、1番好きになった生涯の伴侶のようでもあり、
それは、何かと比べられるものでもなく、
言葉で言い表せられるものでもないのです。

そして気がつけば、またソウル行の航空券を買って、
となりの韓国人に会いにいくのだと思います。
久しぶりにユンソナさんの話題です!

ユンソナさんが、明日9月30日から3日間開催される「JATA旅博2011」で、
マッコリの広報大使として出席されます。

「JATA旅博」は、アジア最大規模の博覧会で、
約150カ国の観光公社、地方自治体、企業などが参加する年間イベントです。

ユンソナさんは、2日目の10月1日に会場に姿を見せ、
様々なマッコリを紹介されるそうです。

現在、仕事でイタリアに滞在中で、
10月3日には韓国でライブの予定が入っており、
かなりのハードスケジュールを消化中・・・

どうぞ、お体には気をつけて下さい!

※ 韓国観光公社での記事
カニクリームコロッケ
今日は、とある日に食べた“カニクリームコロッケ”をアップします(笑)


早くも話題は変わって、
すっかり秋めいてきました。

徐々にというよりか、
真夏から一気に秋になったような、
半袖から長袖を通り越して、上着が必要な季節になりました。
それも、広範囲に被害をもたらしたあの台風の日を境に。

日本では、あの台風についてはもうすっかり過去の話になりましたが、
実は、あの猛烈な台風、今週初めにカナダに上陸して、
カナダ西岸に大きな被害をもたらしたそうです。

通常、台風は日本を通過して勢力が弱まった後、
温帯低気圧に変わって、“台風の墓場”と言われるアリューシャン列島付近で消滅します。

ところが、今回の台風15号は、そのアリューシャン列島付近で再び勢力を増し、
カナダ西岸に接近したそうです。

それ以上詳しいことは分かりませんが、
これも地球温暖化の影響なのかと心配になります。
台風の発達には、海水温が影響するそうですが、
緯度がかなり北のアリューシャン列島付近でも海水温が高いのでしょうか。

まさに台風が東京を通過しているという時に感じたことは、
もう何十年も経験していなかった、本当に久しぶりの強烈な台風が来た!
という印象が残りました。
本当に久しぶりに凄い台風でした。

強風でビルが地震のように揺れ、傘がまったく役に立たず、
あちこちで街路樹が倒れ、至る所でガラスが割れて・・・
あちこちに台風の爪痕を残していきました。

素人考えで、あの台風があのまま勢力が衰えず消滅しなかったら・・・
と考えると、背筋が凍ります。

まもなく9月が終わり10月を迎えます。

10月は、1年で最も過ごしやすく清々しい季節ではありますが、
10月は台風シーズンでもあります。

3月11日の帰宅困難を彷彿させるような交通機関の乱れもありました。

備えあれば憂いなし。

まさに今年は、
日頃の心の準備がいかに必要かということを思い知らされます。
2011道東sp01
屈斜路湖に架かった虹。
その姿は、わずか10分で姿を消しました。

まるで虹のように、あっという間に、
楽しかった北海道旅行から、早くも1ヶ月が経ちました。

旅行って、そんなところが魅力なんですが・・・

時が経てば季節も移り変わり、
長かった残暑もようやく終わり、秋の空気が忍び寄ってきました。

2011道東sp02
到着日は、激しい雷雨に見舞われましたが、
そのお陰で、嵐が去った後の素晴らしい屈斜路湖を見ることが出来ました。

2011道東sp03
開陽台からの景色を眺めていた時に、ふと視界に入った国後島。
すぐそこにあるはずの島に、ものすごくもどかしさを感じました。

2011道東sp05
世界遺産の知床。峠からの眺めと、ひんやりしたあの冷たい空気。
まさに日本の北の果てに来たという実感が湧いてきました。

2011道東sp06
冬には流氷が押し寄せてくるオホーツク海。
同じ日本でありながら、日本ではないような雄大な風景に感動しました。

その後、野田政権を牽制するかのようなロシアの行動。
日本を取り巻く環境は、決して良くはありません。

それは、その先が異国であるという場所で直に感じることが出来ます。
日本という国を守るのは、我々日本人にしか出来ません。

この素晴らしい日本が、いつまでも続きますように・・・

北海道の旅は、そんなことを思わせてくれる旅となりました。
2011道東sp01
屈斜路湖に架かった虹。
その姿は、わずか10分で姿を消しました。

まるで虹のように、あっという間に、
楽しかった北海道旅行から、早くも1ヶ月が経ちました。

旅行って、そんなところが魅力なんですが・・・

時が経てば季節も移り変わり、
長かった残暑もようやく終わり、秋の空気が忍び寄ってきました。

2011道東sp02
到着日は、激しい雷雨に見舞われましたが、
そのお陰で、嵐が去った後の素晴らしい屈斜路湖を見ることが出来ました。

2011道東sp03
開陽台からの景色を眺めていた時に、ふと視界に入った国後島。
すぐそこにあるはずの島に、ものすごくもどかしさを感じました。

2011道東sp05
世界遺産の知床。峠からの眺めと、ひんやりしたあの冷たい空気。
まさに日本の北の果てに来たという実感が湧いてきました。

2011道東sp06
冬には流氷が押し寄せてくるオホーツク海。
同じ日本でありながら、日本ではないような雄大な風景に感動しました。

その後、野田政権を牽制するかのようなロシアの行動。
日本を取り巻く環境は、決して良くはありません。

それは、その先が異国であるという場所で直に感じることが出来ます。
日本という国を守るのは、我々日本人にしか出来ません。

この素晴らしい日本が、いつまでも続きますように・・・

北海道の旅は、そんなことを思わせてくれる旅となりました。

WHAT'S NEW?