Photo Gallery


シンガポールフライヤーを降りて、
まず最初に思ったこと・・・

「喉が渇いた~」

20120714051.jpg
で、入ったファーストフードっぽいお店。

スポーツドリンクとかで水分補給した方が良いのだけど、
ついつい惹かれてしまう炭酸飲料

20120714052.jpg
飲み物だけじゃ悪いなぁと一緒に買ったチキンと白身魚のフライ。
そして、コカコーラライトのLサイズ

外国のLサイズって半端なく量が多くて、
シンガポールでも例外でなかったのですが、
言うまでもなく喉がカラカラだったので、
この時ばかりはちょうどいい~量となりました

一気飲みです

フライの方はと言いますと、
揚げ物で油っぽい上に、魚も脂っこい品種のようで、
ちょっと胃酸が戻ってきそうな、しつこい味でございました・・・

さぁ、喉も潤ったところで、
マリーナ・ベイ・サンズ
まで歩いていってみよう!!

スコールのような雨が降ったり止んだりしていて、
気温も高いので、相変わらず蒸されるような気候ではありますが、

20120714053.jpg
目の前にそれは現れました!!
やはり近くで見るとすごい建物だなぁ~と実感します。

20120714054.jpg
さらに近くに来ると、先端部分はかなり外に張り出しているのが分かります。

計画当初は、ここに泊まってみたいと真っ先に値段を調べましたが、
あっけなく却下が決定してしまいました

でも、よくよく考えると、
ここに泊まってしまうと、ここがどんな建物なのかって、
全然見えなくなってしまうんじゃないかと・・・

20120714055.jpg
ベイサンズ前から望むマリーナ地区。

20120714056.jpg
マーライオンはご覧の通り、すべてを覆い隠されていて、
お色直しをした姿を現すのは、9月頃になるそうです。

20120714057.jpg
対岸まで湾を半周して、歩いていこうと思ったのですが、
このままだと完全に蒸しあがってしまいそうだったので、
冷房の効いたベイサンズ内に非難

「ザ・ショップス・アンド・マリーナベイ・サンズ」
なるショッピングモールもあるそうですが、
我々はあまり興味がないので素通りです・・・

そして、ここにはもうひとつ、

20120714058.jpg
カジノもあります。ここも我々には縁がないので・・・

20120714059.jpg
朝からジャンクなものを、ちょこちょこつまんでいたけど、
そろそろしっかりとお昼ご飯を食べよう~

20120714060.jpg
ということで、マリーナ・ベイ・サンズを後にして、
次なる場所へ移動しました。


powered by TomiryuMap


シンガポールフライヤーを降りて、
まず最初に思ったこと・・・

「喉が渇いた~」

20120714051.jpg
で、入ったファーストフードっぽいお店。

スポーツドリンクとかで水分補給した方が良いのだけど、
ついつい惹かれてしまう炭酸飲料

20120714052.jpg
飲み物だけじゃ悪いなぁと一緒に買ったチキンと白身魚のフライ。
そして、コカコーラライトのLサイズ

外国のLサイズって半端なく量が多くて、
シンガポールでも例外でなかったのですが、
言うまでもなく喉がカラカラだったので、
この時ばかりはちょうどいい~量となりました

一気飲みです

フライの方はと言いますと、
揚げ物で油っぽい上に、魚も脂っこい品種のようで、
ちょっと胃酸が戻ってきそうな、しつこい味でございました・・・

さぁ、喉も潤ったところで、
マリーナ・ベイ・サンズ
まで歩いていってみよう!!

スコールのような雨が降ったり止んだりしていて、
気温も高いので、相変わらず蒸されるような気候ではありますが、

20120714053.jpg
目の前にそれは現れました!!
やはり近くで見るとすごい建物だなぁ~と実感します。

20120714054.jpg
さらに近くに来ると、先端部分はかなり外に張り出しているのが分かります。

計画当初は、ここに泊まってみたいと真っ先に値段を調べましたが、
あっけなく却下が決定してしまいました

でも、よくよく考えると、
ここに泊まってしまうと、ここがどんな建物なのかって、
全然見えなくなってしまうんじゃないかと・・・

20120714055.jpg
ベイサンズ前から望むマリーナ地区。

20120714056.jpg
マーライオンはご覧の通り、すべてを覆い隠されていて、
お色直しをした姿を現すのは、9月頃になるそうです。

20120714057.jpg
対岸まで湾を半周して、歩いていこうと思ったのですが、
このままだと完全に蒸しあがってしまいそうだったので、
冷房の効いたベイサンズ内に非難

「ザ・ショップス・アンド・マリーナベイ・サンズ」
なるショッピングモールもあるそうですが、
我々はあまり興味がないので素通りです・・・

そして、ここにはもうひとつ、

20120714058.jpg
カジノもあります。ここも我々には縁がないので・・・

20120714059.jpg
朝からジャンクなものを、ちょこちょこつまんでいたけど、
そろそろしっかりとお昼ご飯を食べよう~

20120714060.jpg
ということで、マリーナ・ベイ・サンズを後にして、
次なる場所へ移動しました。


powered by TomiryuMap

20120714040.jpg
シンガポールフライヤーに乗車しました

基本的には予約制で、若干の当日券・・・
みたいなことが書いてありましたが、

いざ、蓋を開けたら、待たずに乗車できちゃいました

20120714041.jpg
しかし、今日はあいにくの雨
ご覧のように、ガラスに水滴がついてて外が見えにくい・・・

こんな天気だったから空いていたのかな??

20120714042.jpg
それでも、念願の世界一に乗れた喜びは隠し切れません。

中央にベンチが設置してあるにもかかわらず、
じっとしていられなくて、立ち上がって窓際へ。

この観覧車、
冷房が完備してあるので、とても涼しい。

今日は雨ですが、
晴れてても、何と!ガラスに紫外線対策が施されているので、
日焼けも気にしなくて良いのだそうです。

何とも赤道直下のシンガポールらしい工夫ですね~

さて、そうこうしているうちに、
観覧車は徐々に上へ上がってまいりました。

最初に写した景色は・・・

20120714043.jpg
CMでも話題になった「マリーナベイ・サンズ」(Marina Bay Sands)です。
初対面はいきなり真横からですか

20120714044.jpg
だんだんと頂上に近づいてきました。

そして、

20120714045.jpg
頂上付近から、のマリーナ地区全体の風景です。

20120714046.jpg
湾を出て、外海にはタンカーらしき船体の数々が見えます。

20120714047.jpg

20120714048.jpg
通常だと、向こう岸のちょうど中央あたりに、
シンガポール名物の「マーライオン」の姿が確認できるはずなのですが、

9月までお色直し工事中とのことで、
そのお姿を拝むことが出来ません・・・残念。

20120714049.jpg
赤道直下の小さい島で発展してきた都市国家のシンガポール。
その中枢を観覧車の中から垣間見ることが出来ます。

20120714050.jpg
以前、シンガポールに行かれた、どの方に伺っても、
その変貌ぶりに皆さん驚かれていました。

シンガポールに行かれたら、
ぜひ乗車してみて下さい


《旅のデータ》
シンガポール・フライヤー
時間:8:30-22:30(最終乗車時間は22:00)
年中無休

powered by TomiryuMap


20120714040.jpg
シンガポールフライヤーに乗車しました

基本的には予約制で、若干の当日券・・・
みたいなことが書いてありましたが、

いざ、蓋を開けたら、待たずに乗車できちゃいました

20120714041.jpg
しかし、今日はあいにくの雨
ご覧のように、ガラスに水滴がついてて外が見えにくい・・・

こんな天気だったから空いていたのかな??

20120714042.jpg
それでも、念願の世界一に乗れた喜びは隠し切れません。

中央にベンチが設置してあるにもかかわらず、
じっとしていられなくて、立ち上がって窓際へ。

この観覧車、
冷房が完備してあるので、とても涼しい。

今日は雨ですが、
晴れてても、何と!ガラスに紫外線対策が施されているので、
日焼けも気にしなくて良いのだそうです。

何とも赤道直下のシンガポールらしい工夫ですね~

さて、そうこうしているうちに、
観覧車は徐々に上へ上がってまいりました。

最初に写した景色は・・・

20120714043.jpg
CMでも話題になった「マリーナベイ・サンズ」(Marina Bay Sands)です。
初対面はいきなり真横からですか

20120714044.jpg
だんだんと頂上に近づいてきました。

そして、

20120714045.jpg
頂上付近から、のマリーナ地区全体の風景です。

20120714046.jpg
湾を出て、外海にはタンカーらしき船体の数々が見えます。

20120714047.jpg

20120714048.jpg
通常だと、向こう岸のちょうど中央あたりに、
シンガポール名物の「マーライオン」の姿が確認できるはずなのですが、

9月までお色直し工事中とのことで、
そのお姿を拝むことが出来ません・・・残念。

20120714049.jpg
赤道直下の小さい島で発展してきた都市国家のシンガポール。
その中枢を観覧車の中から垣間見ることが出来ます。

20120714050.jpg
以前、シンガポールに行かれた、どの方に伺っても、
その変貌ぶりに皆さん驚かれていました。

シンガポールに行かれたら、
ぜひ乗車してみて下さい


《旅のデータ》
シンガポール・フライヤー
時間:8:30-22:30(最終乗車時間は22:00)
年中無休

powered by TomiryuMap

20120714031.jpg
いかにも熱帯といった雰囲気の中を進みます。
確かにチケット売り場やエントランスはこちらで良さそう~

20120714032.jpg
おっ、見えてきました「SINGAPORE FLYER」の看板

20120714033.jpg
こちらの売り場でチケットを買って、いよいよ出発

と、思いきや、
実際に観覧車に乗るまでは、色々なブースがあるようです。

20120714034.jpg
シンガポールフライヤーの歴史や建設に至るまで、
などなど・・・

その中で、
ちょっと自慢したくなるようなデータ発見

20120714035.jpg
そこには、「Made in JAPAN」の文字が

設計を、故・黒川紀章氏が担当し、
建設にも日本の企業が携わったそうです。

世界に出て、“made in japan”という文字を発見すると、
何だか誇らしく思えてきます

20120714036.jpg
宇宙にでも行くようなイメージのエスカレーターを上がると、、、

20120714037.jpg
やっと、観覧車の乗り場に到達しました~

20120714038.jpg
今度こそ、いよいよ今度こそ観覧車に乗れそうです

WHAT'S NEW?