金海⇒金浦(BX8814)*雨の釜山から雪のソウルへ

2012.12.30 05:48|エアプサン

20121221021.jpg
釜山・金海国際空港、国内線ターミナルのクリスマスツリー

クリスマスはもう終わってしまいましたが、
今回の旅行では、
あちこちで綺麗なクリスマスツリーを見ることが出来ました

そして、

綺麗

と言えば・・・

20121221022.jpg
チェ・ジウさんのこの表情・・・
すごく素敵だったので、思わず

こんな笑顔をされたら、
男性なら・・・ですよね!?(笑)

20121221023.jpg
ソウル・金浦までは、もちろんエアプサンです。

20121221024.jpg
13:45までに搭乗口へ・・・
とのことでしたが、

入国審査や国内線ターミナルへの移動がすんなりいってしまったので、
時間に結構余裕があります。

20121221025.jpg
1本前でも間に合ったかもしれない!?
という、ジャスト1時間前。

成田からの便が12:15着で、
余裕をもって事前に予約していましたが、
飛行機が遅れた場合のことを考えると、
このくらいの余裕で良かったかも。

な~んて、思っていたところ、
突然の構内アナウンスが入り、
ソウルが雪のため、折り返し便の到着が遅れるとのこと。

新しい出発時間は、
また改めてアナウンスするとのことでしたが、
毛が生えた程度でも韓国語が分かって良かった~
と思った瞬間でした。

だって、韓国語、英語のみのアナウンスで、
(まぁ、当たり前か!?)
英語が全然分からない自分は、
韓国語のみが頼りですから・・・

20121221026.jpg

夕方は、ソウル市内で待ち合わせがあるので、
出発時間が分かったら、カカオで連絡入れておこう~
と思っていたら、
何とか30分程度の遅れで出発できるとのこと。

20121221027.jpg
釜山は激しい雨が降っていますが、
ソウルは雪なんだ・・・

あっという間に搭乗して、
あっという間に出発!
という、まるでバスのような慌ただしさ。

そして、滑走路までも、こんなに早くて大丈夫か?
と思うくらい、早くて、
せっかちな韓国人の特徴がよ~く出ておりました

自分は、そんなところが好きなんですけどね。
日本のワンテンポ置いたようなタイミングは、
どうも得意ではなくて・・・

20121221028.jpg
雲の上に出ると、下界は相当降ってる感じがよ~く分かります。

金浦までの飛行時間は40分程度。
韓国を南から北へ縦断します。

そして、
予定より30分遅れで無事に金浦に到着。

20121221029.jpg
韓国各地からの便が集結します。
さすが首都・ソウルです。

20121221030.jpg
金浦空港のターミナルのクリスマスツリー。
実際に、外も結構雪が積もっているようです。

さぁ、宿へ急ごう。

(つづく)


そして、今年の記事のアップは今日が最後です。

今年は、たくさんの出会いがありました。
旅友やブロガー仲間の皆さんに出会えて、
とても幸せでした。

今年一年、
大変お世話になりまして有難うございました!
来年も何卒よろしくお願いいたします!

どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ
유민우

金海⇒金浦(BX8814)*雨の釜山から雪のソウルへ


20121221021.jpg
釜山・金海国際空港、国内線ターミナルのクリスマスツリー

クリスマスはもう終わってしまいましたが、
今回の旅行では、
あちこちで綺麗なクリスマスツリーを見ることが出来ました

そして、

綺麗

と言えば・・・

20121221022.jpg
チェ・ジウさんのこの表情・・・
すごく素敵だったので、思わず

こんな笑顔をされたら、
男性なら・・・ですよね!?(笑)

20121221023.jpg
ソウル・金浦までは、もちろんエアプサンです。

20121221024.jpg
13:45までに搭乗口へ・・・
とのことでしたが、

入国審査や国内線ターミナルへの移動がすんなりいってしまったので、
時間に結構余裕があります。

20121221025.jpg
1本前でも間に合ったかもしれない!?
という、ジャスト1時間前。

成田からの便が12:15着で、
余裕をもって事前に予約していましたが、
飛行機が遅れた場合のことを考えると、
このくらいの余裕で良かったかも。

な~んて、思っていたところ、
突然の構内アナウンスが入り、
ソウルが雪のため、折り返し便の到着が遅れるとのこと。

新しい出発時間は、
また改めてアナウンスするとのことでしたが、
毛が生えた程度でも韓国語が分かって良かった~
と思った瞬間でした。

だって、韓国語、英語のみのアナウンスで、
(まぁ、当たり前か!?)
英語が全然分からない自分は、
韓国語のみが頼りですから・・・

20121221026.jpg

夕方は、ソウル市内で待ち合わせがあるので、
出発時間が分かったら、カカオで連絡入れておこう~
と思っていたら、
何とか30分程度の遅れで出発できるとのこと。

20121221027.jpg
釜山は激しい雨が降っていますが、
ソウルは雪なんだ・・・

あっという間に搭乗して、
あっという間に出発!
という、まるでバスのような慌ただしさ。

そして、滑走路までも、こんなに早くて大丈夫か?
と思うくらい、早くて、
せっかちな韓国人の特徴がよ~く出ておりました

自分は、そんなところが好きなんですけどね。
日本のワンテンポ置いたようなタイミングは、
どうも得意ではなくて・・・

20121221028.jpg
雲の上に出ると、下界は相当降ってる感じがよ~く分かります。

金浦までの飛行時間は40分程度。
韓国を南から北へ縦断します。

そして、
予定より30分遅れで無事に金浦に到着。

20121221029.jpg
韓国各地からの便が集結します。
さすが首都・ソウルです。

20121221030.jpg
金浦空港のターミナルのクリスマスツリー。
実際に、外も結構雪が積もっているようです。

さぁ、宿へ急ごう。

(つづく)


そして、今年の記事のアップは今日が最後です。

今年は、たくさんの出会いがありました。
旅友やブロガー仲間の皆さんに出会えて、
とても幸せでした。

今年一年、
大変お世話になりまして有難うございました!
来年も何卒よろしくお願いいたします!

どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ
유민우

テーマ:航空機
ジャンル:写真

成田⇒釜山(JL957)*今回は、釜山経由でソウルへ

2012.12.29 05:07|飛行機

20121221014.jpg
カンタス航空』のB747-400

今回の韓国旅行はソウルが基点ですが、
まずは釜山へ飛びます。

20121221015.jpg
チャイナエアライン
そろそろ台湾にも行きたいな~

そもそも、
年末のこの旅行を企画したのが今年の6月。

半年も前のことなのですが、
その時、JALのマイルがかなり残っていたので、
特典航空券で行こうと思い検索したところ、
帰りの便に空席はあるものの行きの便がすでに満席。

「とにかく、韓国に入国さえすれば、
あとは何とかなるだろう。」

との思いで、釜山行を検索したところ、
夜発の便に空席があったので、その便を押えました。
後に、朝便に空席が出たので、便変更し、
今回の出発に至りました。

20121221004.jpg
「9:45発 JL957便 釜山行」
のんびりしてたら最終案内になっちゃっいました

前回のエアプサンに続き、
こちらの65番ゲートも搭乗機の姿を見ることができず・・・

定刻よりも早めにゲートを離れ、
短いB滑走路より離陸。

JAL957便の機材は、
B737-800です。

20121221008.jpg
離陸後、大きく旋回して上昇。
千葉県の松戸市の上空から、ただひたすら西へ進みます。

自分は、特別なことがない限り窓側を選ぶのですが、
季節、出発の時刻、進行方向(東西南北)によって、
同じ窓側でも、右側にするか左側にするかを判断します。

この釜山行の場合、行きは必ず右側に座ります。
理由は、西へ進むため、北側(右側)に座れば、
直射日光が差し込んでこないからです。

直射日光、
自分は良くても、周囲の方(特に女性)は、
眩しかったり、日差しを浴びたくない方もいますし、
(実は、自分も浴びたくない

20121221009.jpg

そうなると、
閉めないと悪いな~
って思っちゃいますし・・・

やっぱり、窓側に座ったら、
なるべく外の景色を眺めていたいですからね~

20121221010.jpg
今回の空弁もとても美味しかった~
いつもご馳走様です♪

20121221011.jpg
いつもの赤ワインも。
こんな時でないと朝から飲めないですからね~

20121221012.jpg
もうすっかり雪で覆われた南アルプスの上空を
JA305Jが往く。

早く出発した分、
到着も定刻より早く到着。

2週間前は雪が残っていた釜山は、
今日は冷たい雨。

20121221013.jpg
入国後はソウルへ移動するため、シャトルバスで国内線へ移動します。
(空港シャトルバスは、10分おきで出発しています。)

成田⇒釜山(JL957)*今回は、釜山経由でソウルへ


20121221014.jpg
カンタス航空』のB747-400

今回の韓国旅行はソウルが基点ですが、
まずは釜山へ飛びます。

20121221015.jpg
チャイナエアライン
そろそろ台湾にも行きたいな~

そもそも、
年末のこの旅行を企画したのが今年の6月。

半年も前のことなのですが、
その時、JALのマイルがかなり残っていたので、
特典航空券で行こうと思い検索したところ、
帰りの便に空席はあるものの行きの便がすでに満席。

「とにかく、韓国に入国さえすれば、
あとは何とかなるだろう。」

との思いで、釜山行を検索したところ、
夜発の便に空席があったので、その便を押えました。
後に、朝便に空席が出たので、便変更し、
今回の出発に至りました。

20121221004.jpg
「9:45発 JL957便 釜山行」
のんびりしてたら最終案内になっちゃっいました

前回のエアプサンに続き、
こちらの65番ゲートも搭乗機の姿を見ることができず・・・

定刻よりも早めにゲートを離れ、
短いB滑走路より離陸。

JAL957便の機材は、
B737-800です。

20121221008.jpg
離陸後、大きく旋回して上昇。
千葉県の松戸市の上空から、ただひたすら西へ進みます。

自分は、特別なことがない限り窓側を選ぶのですが、
季節、出発の時刻、進行方向(東西南北)によって、
同じ窓側でも、右側にするか左側にするかを判断します。

この釜山行の場合、行きは必ず右側に座ります。
理由は、西へ進むため、北側(右側)に座れば、
直射日光が差し込んでこないからです。

直射日光、
自分は良くても、周囲の方(特に女性)は、
眩しかったり、日差しを浴びたくない方もいますし、
(実は、自分も浴びたくない

20121221009.jpg

そうなると、
閉めないと悪いな~
って思っちゃいますし・・・

やっぱり、窓側に座ったら、
なるべく外の景色を眺めていたいですからね~

20121221010.jpg
今回の空弁もとても美味しかった~
いつもご馳走様です♪

20121221011.jpg
いつもの赤ワインも。
こんな時でないと朝から飲めないですからね~

20121221012.jpg
もうすっかり雪で覆われた南アルプスの上空を
JA305Jが往く。

早く出発した分、
到着も定刻より早く到着。

2週間前は雪が残っていた釜山は、
今日は冷たい雨。

20121221013.jpg
入国後はソウルへ移動するため、シャトルバスで国内線へ移動します。
(空港シャトルバスは、10分おきで出発しています。)

テーマ:航空機
ジャンル:写真

成田空港*JAL「B787」に出会う!

2012.12.28 05:58|空港

20121221003.jpg

韓国へ出発する前に
JAL
B787に出会うことが出来ました

12月2日に新規路線、
成田⇔サンディエゴ線を開設し、

来年、2月25日からは北欧路線、
成田⇔ヘルシンキ線を
開設する予定です

20121221005.jpg
767や777よりも
ちょっと“洋風”なお顔立ちになったような印象です

20121221006.jpg
JALが、この愛称「ドリームライナー」を受領したのが、
2012年3月25日ですから、既に9ヶ月が経ちました。

4月のボストン線に導入されてから、
これまでに、北京、モスクワ、デリー、シンガポール線
などに投入されています。

ANAが国内線にも投入されているのに対し、
JALは国際線のみなのがちょっと寂しいです。

でも、787のパフォーマンスを考えると、
当然と言えば当然です。

中型機としては航続距離が長く、
これまで大型機でないと飛行できなかった距離も
B787を投入することで、直行が可能になりました。

よって、
需要のあまり多くない遠隔地へも
中型機による長距離路線の開設が可能になりました。

B787は、
“小さい体で遠くへ飛べる”
飛行機なのです。

20121221007.jpg
魅力は、何と言ってもエンジンと後ろに大きくせり上がった翼

自分が乗れるのはいったいいつになるのだろう

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

ANA (4)

プロフィール

ユ・ミヌ(유민우)

Author:ユ・ミヌ(유민우)

@take_79.5


当ブログで使用している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。
権利を侵害するものではありません。

ブログランキング




にほんブログ村

リンク

月別アーカイブ

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Flag Counter


四つ葉のクローバー

「四葉のクローバー」ブログパーツ

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ