Photo Gallery

20130902196.jpg
帰国の日の朝。
まだ閑散としている高速バスターミナルの地下街を歩きます。

地下鉄9号線で金浦空港へ向かいます。

20130902197.jpg
去年の暮以来の金浦空港です。
最近は、仁川空港が続いていたので、
とても久しぶりです

6日間の韓国旅行を振り返って・・・

暮らすように旅してみたり、
懐かしい場所を訪ねてみたり、
初めての場所にも行ってみました。

後半は、ちょっと息切れしましたが、
今回もとても充実した日々を過ごすことが出来ました。

20130902198.jpg
JALより30分あとに出発するANAの羽田行。

20130902199.jpg
久しぶりにJL92便で日本に帰国します。

20130902200.jpg
安定飛行に入り、一路日本を目指します。

この6日間、韓国は前半は雨でしたが、
後半は快晴の秋晴れでした。

しかし、日本は台風が通過して、
被害の様子が、韓国のニュースでも取り上げられていました。

20130902201.jpg
韓国線ですっかり定着したなすび亭の機内食。

20130902202.jpg
今回もとても美味しかったです

20130902203.jpg
帰国の時まで飲んでしまってスイマセン

20130902204.jpg
島根県の隠岐の島々が見えてきました。

20130902205.jpg
川からの濁流が流れ込んで、琵琶湖の色が変色しています。

20130902206.jpg
濃尾平野の様子。
濁る揖斐川に対して、あまり濁っていない木曾川。
海の色が変色しています。その向こうは名古屋市。

20130902207.jpg
世界文化遺産となった三保の松原富士山

20130902208.jpg
大島空港が見えてきました。

20130902209.jpg
翼の先に輝く伊豆大島

先日の台風26号の通過で、大雨や土砂崩れにより、
たくさんの方が亡くなられ、多くの方が被害に遭われました。
この災害により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


定刻より15分ほど早く、羽田空港に到着しました。

20130902210.jpg
この旅行が終わって、早くも1か月半の時が経過しました。
この頃、まだ晩夏だった日本も、秋がだいぶ深まってきました。

旅をするにあたって、毎回思うことは、
病気や怪我、事故や事件などに巻き込まれないよう、
最後まで無事に家に辿り着くこと。
待っている家族もそんなことを願ってくれていると思います。

元気な体があって、頑張って仕事をして、
そしてまた旅に出る・・・

この旅では、
“生きる”ということを深く考えさせられました。
生きることも、人生という長い旅に出たようなもんですよね・・・

今回もまた、このハードな旅に同行して下さったポア先輩にも
ここで感謝を申し上げたいと思います。
本当に有難うございました。

次回もまた、元気に旅に出られます様に!!

今回も旅行記を最後までお読み下さって、
ありがとうございました!!

유민우(^^)v
20130902196.jpg
帰国の日の朝。
まだ閑散としている高速バスターミナルの地下街を歩きます。

地下鉄9号線で金浦空港へ向かいます。

20130902197.jpg
去年の暮以来の金浦空港です。
最近は、仁川空港が続いていたので、
とても久しぶりです

6日間の韓国旅行を振り返って・・・

暮らすように旅してみたり、
懐かしい場所を訪ねてみたり、
初めての場所にも行ってみました。

後半は、ちょっと息切れしましたが、
今回もとても充実した日々を過ごすことが出来ました。

20130902198.jpg
JALより30分あとに出発するANAの羽田行。

20130902199.jpg
久しぶりにJL92便で日本に帰国します。

20130902200.jpg
安定飛行に入り、一路日本を目指します。

この6日間、韓国は前半は雨でしたが、
後半は快晴の秋晴れでした。

しかし、日本は台風が通過して、
被害の様子が、韓国のニュースでも取り上げられていました。

20130902201.jpg
韓国線ですっかり定着したなすび亭の機内食。

20130902202.jpg
今回もとても美味しかったです

20130902203.jpg
帰国の時まで飲んでしまってスイマセン

20130902204.jpg
島根県の隠岐の島々が見えてきました。

20130902205.jpg
川からの濁流が流れ込んで、琵琶湖の色が変色しています。

20130902206.jpg
濃尾平野の様子。
濁る揖斐川に対して、あまり濁っていない木曾川。
海の色が変色しています。その向こうは名古屋市。

20130902207.jpg
世界文化遺産となった三保の松原富士山

20130902208.jpg
大島空港が見えてきました。

20130902209.jpg
翼の先に輝く伊豆大島

先日の台風26号の通過で、大雨や土砂崩れにより、
たくさんの方が亡くなられ、多くの方が被害に遭われました。
この災害により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


定刻より15分ほど早く、羽田空港に到着しました。

20130902210.jpg
この旅行が終わって、早くも1か月半の時が経過しました。
この頃、まだ晩夏だった日本も、秋がだいぶ深まってきました。

旅をするにあたって、毎回思うことは、
病気や怪我、事故や事件などに巻き込まれないよう、
最後まで無事に家に辿り着くこと。
待っている家族もそんなことを願ってくれていると思います。

元気な体があって、頑張って仕事をして、
そしてまた旅に出る・・・

この旅では、
“生きる”ということを深く考えさせられました。
生きることも、人生という長い旅に出たようなもんですよね・・・

今回もまた、このハードな旅に同行して下さったポア先輩にも
ここで感謝を申し上げたいと思います。
本当に有難うございました。

次回もまた、元気に旅に出られます様に!!

今回も旅行記を最後までお読み下さって、
ありがとうございました!!

유민우(^^)v
いよいよ、ソウル最後の夜となりました

長いようで短かった6日間でしたが、
今回もとても充実した旅をすることが出来ました。

ソウル最後の夜は、

20130902193.jpg
初めて『トンジョン』(돈존)にやって来ました

20130902190.jpg
韓国のパンチャンに出てくるサラダは、
マヨラー(死語?)の自分にはとても有難い

こうして、旅行記も終盤に差し掛かると、
ある事に気付きます・・・

写真が少ない・・・

旅行が終わってしまう寂しさからか、
はたまた、だんだんとだらけてくる頃でもあろうか・・・

それは、今後の課題であります

20130902188.jpg
こちらのお店、葉っぱの量が多い
とても有難いです。

20130902189.jpg
これも旨いんですよね~

20130902191.jpg
メイン登場サムギョップサルだけでなく、
色んな部位が入った모듬구이(モドゥムグイ)を注文しました。

20130902194.jpg
飲み物はビールからソジュへ。
写りもとうとうぶれ始めてます

20130902192.jpg
とても美味しくいただきました♪

店員さんも親切で、
メニューも日本語で書かれているので安心です。

20130902187.jpg
普段なら、初めて訪問するお店は、
念入りに取材するのですが、
こんなに粗い記事ではダメですね・・・

20130902195.jpg
とても美味しくて、安心のお店でしたので、
再訪して、もう一度取材し直したいと思います


トンジョン(돈존)
場所:ソウル市江南区論峴洞60
   서울시 강남구 논현동 60
時間:11:00~翌6:00

大きな地図で見る
いよいよ、ソウル最後の夜となりました

長いようで短かった6日間でしたが、
今回もとても充実した旅をすることが出来ました。

ソウル最後の夜は、

20130902193.jpg
初めて『トンジョン』(돈존)にやって来ました

20130902190.jpg
韓国のパンチャンに出てくるサラダは、
マヨラー(死語?)の自分にはとても有難い

こうして、旅行記も終盤に差し掛かると、
ある事に気付きます・・・

写真が少ない・・・

旅行が終わってしまう寂しさからか、
はたまた、だんだんとだらけてくる頃でもあろうか・・・

それは、今後の課題であります

20130902188.jpg
こちらのお店、葉っぱの量が多い
とても有難いです。

20130902189.jpg
これも旨いんですよね~

20130902191.jpg
メイン登場サムギョップサルだけでなく、
色んな部位が入った모듬구이(モドゥムグイ)を注文しました。

20130902194.jpg
飲み物はビールからソジュへ。
写りもとうとうぶれ始めてます

20130902192.jpg
とても美味しくいただきました♪

店員さんも親切で、
メニューも日本語で書かれているので安心です。

20130902187.jpg
普段なら、初めて訪問するお店は、
念入りに取材するのですが、
こんなに粗い記事ではダメですね・・・

20130902195.jpg
とても美味しくて、安心のお店でしたので、
再訪して、もう一度取材し直したいと思います


トンジョン(돈존)
場所:ソウル市江南区論峴洞60
   서울시 강남구 논현동 60
時間:11:00~翌6:00

大きな地図で見る
20130902165.jpg
江華平和展望台(강화평화전망대)の入口です。

20130902167.jpg
ご覧の通り、見事な急坂を上っていきます

20130902168.jpg
どこまでも続く真っ青な空、
静まりかえった中、時折吹く爽やかな秋の風。
心を癒すピンク色の秋桜の花。

江華平和展望台は、
南北平和統一を願って、
2008年5月に開館した文化観光施設です。

坂の途中で、後ろを振り返ると・・・

20130902169.jpg
こんなに素晴らしい景色が広がっています!!

20130902170.jpg
展望台が見えてきましたが、
まだまだ坂を上らなければなりません。

20130902171.jpg
もうすっかり秋の気配

日本語を話す老夫婦とすれ違いました。
下に停まっていたタクシーで来られたようです。

20130902172.jpg
やっと展望台に到着です

20130902173.jpg
入場料は大人ひとり₩2,500。

風は爽やかですが、
さすがにここまで上がって来ると、
うっすら汗が出てきます。

建物の陰にあるベンチに座ります。
他に見物客はいないようです。

午後の2時になろうとしています。
ここで、少し遅めのランチにします。

20130902174.jpg
来る時に、パリバケでサンドイッチを買って来ました

北朝鮮を眺めながらのランチなんて、
滅多に出来ることじゃありません。

20130902178-1.jpg
地下と4階は出入禁止です。

20130902178-2.jpg
1階にある統一念願所です。
南北統一へのさまざまな思いが、
紙に書かれてつるされています。

20130902175.jpg
赤い所が平和展望台の位置。
川を隔てた向こう側は、北朝鮮の黄海北道です。

直線距離にして2.3km、
経済特別区の開城工業団地までは18kmの距離です。

20130902176.jpg
上の地図の川幅がかなり広がっている方面。

20130902177.jpg
その反対側。この川はご存知の漢江です。
一帯は、その河口付近にあたります。

20130902178.jpg
そして、対岸の北朝鮮です。

見事なまでの快晴と、秋の澄んだ空気のお蔭で、
ここまで見えてしまっていいのか?と思うくらい、
はっきりと何もかもが見えています。

昨年の暮に訪れたオドゥ山統一展望台2013/1/10)では、
霞んでいて、うっすらとしか見えませんでしたが、
今日は本当に何もかも丸見えです。

20130902179.jpg
韓国側と同じように黄金に輝く田んぼが見えます。

北朝鮮で収穫される米の約30%を産出し、
比較的富裕層に属するとされる黄海北道。

ここから見る限りでは、今年は豊作のようです。

20130902180.jpg
家々や川に掛かる橋までもが、
まるで映画でも見ているかのように見えます。

20130902181.jpg
しかし、すぐ目の前にあるここに住む人たちは、
今どうやって暮らしているのでしょう。

あまりにも近くて、あまりにも遠い国。

束草から始まったこの旅の答えは、
今、目の前にしているこの景色が
すべてを物語っているように思えてなりませんでした。

20130902182.jpg
海兵隊と書かれている戦車も展示されています。

20130902183.jpg
遥か先の北朝鮮に向けて聳え立つ望拝壇。

20130902184.jpg
この旅の集大成である江華平和展望台を、
色んな思いを胸に後にしました。

そして、自分は日本に帰国後、
衝撃の事実を知ることになりました。

我々が、江華平和展望台を訪れた、
2013年9月16日のほぼ同じ時刻に、
ここからわずかに東にある臨津江を、
泳いで北朝鮮に行こうとしていたと思われる男性が、
警戒勤務中の陸軍部隊に射殺されたということを知ったのです。

韓国国民と推定される民間人が、
北朝鮮に行こうとして射殺されたのは、
1990年代以降初めてだそうです。
(この事件を伝えるニュース ⇒ ) 

射殺された男性は、
6月に日本で難民申請をして受け入れられず、
強制追放されていたことが分かっているそうです。

20130902185.jpg
郡内バスに乗って、江華ターミナルに戻ります。

20130902186.jpg
あまりにも澄んだ青空が、残酷に思えてならない1日でした。


江華平和展望台(강화평화전망대)
場所:仁川広域市江華郡両寺面鉄山里6-1
   인천광역시 강화군 양사면 철산리 6-1
時間:9:00~18:00
(11~2月、17:00まで、5~8月、19:00まで)

WHAT'S NEW?