Photo Gallery

ご飯とパン、どちらが好きですか?

と聞かれた場合、自分は迷わず「パン」と答えます。

かといって、ご飯が決して嫌いなわけではありません。
ご飯も好きですが、パンはもっと好きなのです♪

平日の朝は、決まってパンを食べてま~す!
という自分が好きな、韓国のコンビニで買える美味しいパンをご紹介します♪

パリバケやトレジュールなどのパンももちろん美味しいのですが、
手軽にコンビニで買えるパンの中にも美味しいパンは結構あります。

201501m063.jpg
ご存じカカオトークパンシリーズでは、
圧倒的にピーナツはちみつホットックがオススメです♪

但し、レンジで温めないと美味しさ半減です。

ホットックというよりは、ホットケーキのような感じで、
砕いたピーナツにとろ~りはちみつがとても美味しいです。

201501m064.jpg
シリーズには、ブラウニーやピーチ、チョコケーキなんかもあるんですね~

オススメはこちら、

201501m065.jpg
あんぱんとカスタードそぼろ。

このシリーズ、今までの韓国のパンの常識を変えましたよね~
今まで韓国のパンは正直・・・でしたが、
このシリーズは、奥が深くてとても美味しいです。

そぼろパンはテジョンのソンシムダン(2014年3月18日)
を思わせるようなパンですが、もう流行のピークは過ぎたのかな!?

あんぱんは甘さ控えめで、
どこか懐かしい感じのするあんぱんです。

201501m066.jpg
ちなみに、 こちらのソウルの恋人あんぱん(서울연인단팥빵)は、
ソウル駅や弘大、最近は、地下鉄の改札付近などで買うことが出来ます。

今回はタイミングが合わなくて買えなかったのですが、
次回の訪韓では、お土産セットを買って帰ろうと思っています♪

201501m067.jpg
過去を振り返ってみたら、やっぱり買ってました。

マニアックな記事にお付き合い下さいましてありがとうございました!!
機会がございましたら、ぜひ食べてみて下さい!!


ソウルの恋人あんぱん(서울연인단팥빵)
ホームページ ⇒ (진심보다 맛있는 레시피는 없습니다-서울연인단팥빵)
詳細 ⇒ (ソウルナビさんの記事をお借りいたしました。)
201501a025.jpg
金浦空港到着後は、スーツケースをロッカーに預けロッテモールへ。
(詳細はこちら ⇒ 

201501a026.jpg
昼食は、鼎泰豊で小籠包を食べました♪
(詳細はこちら ⇒ 

昼食後は、ロッテマートで早速お土産を買い込み、
地下鉄に乗ってホテルへ。

201501a027.jpg
今回のホテルは、ベストウェスタンプレミア江南ホテルです。
(詳細はこちら ⇒ 

201501a028.jpg
部屋からは江南の街並みが一望出来ました!!

部屋に荷物を置いたら、すぐに出かけます。

201501a029.jpg
まずは明洞へ。
論峴(ノニョン)駅バス停から「140番」のバスに乗ります。
もしくは「470番」「471番」のバスでも行けるようです。

漢江を渡り、南山のトンネルを抜けて、明洞聖堂近くのバス停で下車します。

201501a030.jpg
明洞聖堂

201501a031.jpg
夕暮れの明洞繁華街

201501a032.jpg
明洞で丸亀製麺発見!!

201501a033.jpg
いつもの両替所で両替します。

レートは来るたびに悪くなっていますが、
それでも他でするよりは良いので、両替のためだけに明洞にやって来ました。

何かと誘惑が多い明洞なので、足早に立ち去ります^^;

201501a034.jpg
LINEのキャラクターたち。
ロッテヤングプラザ前からまたバスで移動します。

201501a035.jpg
ソウル駅

ソウル駅より空港鉄道でデジタルメディアシティへ。
地下鉄6号線に乗り換え2つ目のセジョル駅へ。

201501a036.jpg
セジョル駅

201501a037.jpg
ウンアムドン カムジャタン通りでカムジャタンの夕食♪
美味しかった~
(詳細はこちら ⇒ 

201501a038.jpg
帰りは薬水駅乗り換えでホテルへ。

201501a039.jpg
朝から晩まで酒飲みっぱなしの1日でした^^;
でも楽しい1日だったなぁ。
いわゆるカムジャタンが、ここではカムジャクッと呼ばれているのは前途の通りです。
80年代までの韓国では、家庭でも普通にカムジャクッを食べていたそうです。
食文化はそこで生きる人々の生活そのもの。
旅でそんなことを感じられるのが何より幸せです。

前記事の続きより。

救世主現る!!

どのお店に入ろうか彷徨っていたところ、
とあるお店の前で突然アジョッシに「어서오세요~」(いらっしゃいませ~)
と言われてしまったのだから、そのお店に入らざるを得ない。

運命なんてきっとそんなもんだろう。

適当に席に着くと、
カムジャタンとメクチュ(ビール)。
にこっとしたアジュンマはそれだけ聞くとテーブルに色んなものを並べていきました。

201501m051.jpg
待ちに待ったカムジャタン(ここではカムジャクッですね。)

201501m053.jpg
値段は小が₩25,000(2人分)、中、大と来て、特大は₩55,000(5人分)と書いてあります。
で、納得していましたが、この後まさかの衝撃の結末が・・・^^;

201501m052.jpg
店内もご覧の通り。素朴で何だか落ち着く~

201501m054.jpg
喉が渇いていたので、とりあえずビールを頼んだものの、
前の大学生と思しき男子3人組も向こうのアジョッシ2人も隣りの30代カップルも
皆ビールではなく、焼酎を飲んでいる・・・

その時点でハッと気がつく・・・

辛~いカムジャタンには、やっぱりソジュ(焼酎)がイチバン合うのであります!!

こんな時でもシュワシュワを飲んでいるのは、我々日本人だけです。

201501m055.jpg
キムチ!

201501m056.jpg
生野菜(笑)

201501m057.jpg
煮たってきました!美味しそう~♪

201501m058.jpg
焼きたてのジョンもきました!
これこれ!この味、この美味しさは、韓国で韓国のオモニが焼かないと出ない味です。
見た目は決していいわけではないけど、日本では食べたくても食べられない味・・・

こうなるとお次はやっぱり・・・

201501m059.jpg
ソジュ!!!
韓国のこんな素敵なお店で、こうして焼酎を飲める瞬間が自分にとっての何よりの幸せ♪

201501m060.jpg
肉の塊をつつきながら、スープをすすりながら、ソジュをチビチビ飲むのであります。

アジュンマはお客さんの皆から이모(イモ)と呼ばれていました。

日本人からすると、ジャガイモだけに이모(イモ)、
なんてしゃれてるって思ってしまいますが、
이모(イモ)は通常、母の姉妹、母方のおばを呼ぶ呼び名で、
このお店のアジュンマはそれだけ親近感のある存在なんだと感じました。

現に、自分たちにもずっとずっと笑顔で接してくれて、
とても和やかな気持ちになりました。

そして、そして、衝撃の結末!!!

カムジャクッ2人分にシクサ(食事)、ビールに焼酎、
お会計がたったの
₩20,000!!!
だったのであります・・・

では、あのメニュー表は何だったのだろう!?
という疑問を残し、心も体も温かい気持ちになってお店をあとにしました。

201501m061.jpg
朝、日本を出て、その日の夜に昭和にタイムスリップ。
思い立ったらぜひ訪れてみて下さい!!

きっと、忘れかけていた心の底の温かい人情に出会えるはずです。

201501m062.jpg

イファカムジャクッ』(이화감자국)
場所:ソウル特別市 恩平区 鷹岩洞 602-34
    서울특별시 은평구 응암동 602-34
年中無休、24時間営業
詳細 ⇒ (コネストさん記事をお借りいたしました。)
急に寒さが増してきた去年の年末、
ふと、新大久保で食べたカムジャタンが無性に食べたくなり、
そうだ!年が明けたらソウル旅行だから、
今度のソウル旅行ではカムジャタンを食べよう!!
絶対に絶対に・・・(執念^^;)

そう心に決めてから、色々と調べ始め、
どうやらソウルでは、2つの有名なカムジャタン通りなるものがあるらしく、
ひとつは、東大門カムジャタン通り、
もうひとつは鷹岩洞(ウンアムドン)カムジャタン通りがあり、
どうせならここは観光地の東大門ではなく、鷹岩洞(ウンアムドン)の方へ行こう!!
ということになりました。

201501m041.jpg
地下鉄を乗り継いでやって来た、最寄り駅の새절(セジョル)駅。

豚の骨付き肉とじゃがいもや野菜を、辛~いスープで煮込んだカムジャタン。
初めて出会った時は、ちょっと苦手だなぁと思っていたのですが、
次第にあの癖になる辛さと旨みに惹かれ始め、
今では自分の中で焼酎に合う料理ナンバー1になりました^^;

201501m042.jpg
大好きなカムジャタンを今日は本場ソウルで食べられる!!

201501m043.jpg
地元感満載のディープな街並み。
堂々と犬料理店が看板を掲げていたり、
鰻専門店の看板なども見かける。

201501m046.jpg
練炭カルビ。きっとこんな地元型のお店が美味しいんだろうなぁ。

201501m045.jpg
事前の下調べで、韓国のブロガーさんの記事などによると、
現在5店舗ほどのお店があるとのことですが、
どのお店に入っても当たり外れがないようで・・・

逆に、そうなるとお店選びに困ります^^;
さて、どうしよう。

201501m044.jpg
そうこうしているうちに到着です。『大林(テリム)市場 カムジャクッ通り』。

先程から「カムジャタン」と言っていますが、
地元では今でも「カムジャクッ」と呼ばれているようです。
なぜ、「カムジャクッ」と呼ばれているのかはこちらをご参照ください。 ⇒ 
(コネストさん記事よりお借りいたしました。)

201501m047.jpg
そんで、さてどのお店に入ろうか。到着してもまだ迷っています。
とりあえず、向こう側へ渡ろう。

201501m048.jpg
一通りのお店を見て回りますが、それだけじゃ分かりませんよね・・・

そんな時、あるお店の前で救世主がっ!!!

次回は、その続きから。


大林(テリム)市場 カムジャクッ通り
行き方:ソウル駅より空港鉄道「デジタルメディアシティ」駅乗り換え、
     地下鉄6号線で二つ目「セジョル」駅下車、2番出口より徒歩約15分。
金浦空港のロッテモールで4時間半くらいうろついていたので、
ホテルへ向かうのが少し遅くなってしまいました。
ちょっとのんびりし過ぎました^^;

201501m033.jpg
地下鉄に乗ってたどり着いたのは新論峴(신논현)

金浦空港から地下鉄9号線で1本、
先に延伸する予定ですが、今のところ終点の駅です。

帰国日は始発なので、金浦空港まで座って行くことが出来ました。

また、この路線は急行があるので、
金浦空港までは約30分で行くことが出来るとても便利な立地です。

今日のホテルは、ここから坂を上ったところにあります。

スーツケースが重いと、坂を上るのが少々キツイです^^;

201501m034.jpg
坂を上りきろうとするところでようやく見えてきました。
ベストウェスタンプレミア江南ホテル』が今回の旅の宿です。
初めて宿泊します。

201501m035.jpg
とても綺麗で落ち着いた室内。Wi-Fiが無料で使えます。

でも、何よりも感激したのは、
窓のカーテンを開けたあとでした。

201501m036.jpg
目の前に広がる江南の景色!!素晴らしい~

201501m037.jpg
正面にソウルタワー。何だか得した気分です。
少々キツイ坂を上って来た甲斐がありました^^;

201501m038.jpg
仁川空港へは、ホテルの目の前にリムジンバスの停留所があって便利です。

201501m039.jpg
周りには超高級なホテルもありますが、
昼間はずっと出歩いている自分たちなら十分過ぎるホテルです。

というか、何度も言ってしまいますが、
坂の上り下りが大変なので、ちょくちょく帰って来ない方が良いかもです^^;

ホテルへの道のりは大変ですが、お値段がお手頃で、
しかもあの景色を見たら、また泊まりたいなぁって思ってしまいます。

従業員の方がとても親切で、ほとんどの方が日本語を話せました。
帰ってくる度に笑顔で挨拶してくれて、感じも良かった~

201501m040.jpg
こじんまりしていて、あまり目立たないけど、
自分はこんな雰囲気のホテルの方が居心地が良いです♪

「また泊まりたいホテル」のレパートリーがまたひとつ増えました!!


ベストウェスタンプレミア江南ホテル』(베스트 웨스턴 강남 호텔)
場所: ソウル特別市 江南区 論峴洞 205-9
    서울특별시 강남구 논현동 205-9
行き方:地下鉄9号線新論峴駅 3番出口より徒歩約10分

WHAT'S NEW?