Photo Gallery

蟷ウ譏後が繝ェ繝ウ繝斐ャ繧ッ_convert_20170218205214

ちょうど1年後に迫った「冬季平昌オリンピック」
の抽選販売の受付が始まったので、ダメもとで申込してみました。

平昌オリンピックは、2018年2月9日(金)から25日(日)まで開催される予定です。
自分は、ここ数年、フィギュアスケートに注目しているので、
フィギュアスケートを申し込んでみましたが、倍率凄そうですね・・・

とはいえ、
申し込んでみないと分からないので、
あとは結果を待つのみです。

日本国内分の観戦チケット販売に関する総代理業務は、
チケットぴあさんが担っています。

結果は、2017年3月24日発表とのこと。
当選するといいなぁ~

・ 2018 年韓国・平昌 冬季オリンピック - ぴあ株式会社 - チケットぴあ ⇒ 
DSCF2285_convert_20170211170514.jpg
まだ夜が明けない阿蘇くまもと空港

国内でも、いつものように4時半起き。
熊本駅5時15分発のバスで、空港に来ました。

DSCF2286_convert_20170211170542.jpg
何と!7時35分発という、とんでもなく早い時間の飛行機で東京へ帰ります。

羽田には9時5分に到着予定。
家には昼前には着けることでしょう。

そう、鬼息子には、
休日には家でやらなければいけないことがたくさんあります。

ご老体の二人にしては、
かなり頑張って、充実した旅となりました。
すごく楽しくて、すごく嬉しくて、
鹿児島、熊本に感謝です!
ありがとう!

DSCF2287_convert_20170211170627.jpg
雨粒の向こうの朝焼け。
熊本に明るい未来をもたらしてくれそうな旅立ち。

DSCF2289_convert_20170211170725.jpg
また来ますね!

DSCF2291_convert_20170211170813.jpg
自分も朝日に向かって、またいつもの日常へ。

DSCF2293_convert_20170211170840.jpg
今日のモーニングコーヒーは空の上で。

DSCF2295_convert_20170211170932.jpg
あっという間に、セントレアです。

DSCF2297_convert_20170211171021.jpg
続いて、浜名湖。

DSCF2298_convert_20170211171059.jpg
そして、富士山。

DSCF2300_convert_20170211171137.jpg
羽田に到着しました。

今回の旅は、
かなり感情的なことばかりを言ってしまって、
中には、息苦しくなられてしまった方もいらっしゃったかと思います。
本当に申し訳ございません。

なるべく、
皆様の旅の参考になるような記事を心がけておりますが、
こんな自分であることを、どうかご了承願います^^;

今回の旅も、
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!
DSCF2261_convert_20170211165801.jpg
夕方になり、ホテルに戻ってチェックインしました。
改めて、今日の宿は、東横INN熊本駅前です。

DSCF2262_convert_20170211165845.jpg
この部屋の雰囲気、落ち着きます。

DSCF2263_convert_20170211165932.jpg
今日は高層階。熊本駅が一望。

DSCF2264_convert_20170211170003.jpg
遠くに熊本城も見えます。

さて、この旅最後の夕食。
どこに行こうか考えた時、
昼食を食べに行く途中に見かけたあのお店を思い出しました。

そのお店とは、

こちら、

DSCF2277_convert_20170211170334.jpg
餃子の王将です!

はい、あの全国チェーンの・・・です(笑)

DSCF2269_convert_20170211170042.jpg
同行の旅友と、かんぱーい!

なぜ、全国チェーンかって!?

だって、
全国チェーンであっても、
その土地の味、メニューがあるんですもの!

DSCF2271_convert_20170211170119.jpg
王将九州ラーメンにちゃんぽんに皿うどん!

そして、ここには、

DSCF2273_convert_20170211170309.jpg
熊本名物、太平燕もあります!

DSCF2274_convert_20170211170152.jpg
自分は「かに玉」を注文。
思いがけず、ここで子供の頃よく食べていた、
中華屋さんの「かに玉」の味に出会ったのです。

関東で「かに玉」とか「天津飯」の餡って、
ケチャップを使った餡のお店がほとんどなのですが、
自分が子供の頃によく食べていた中華屋さんの天津飯は、
甘酢でレモンが載せてあった天津飯だったのです。
それが当たり前だと思っていた自分は、
以後、東京のどの中華屋さんで食べても、
その味に出会えないことがとても不思議だったのです。

あの味はいったいどこで出会えるんだろう・・・

それが、
まさか、この熊本で出会えるなんて!
子供の頃に食べた、まさにその味!

本当に嬉しかったです。

DSCF2276_convert_20170211170236.jpg
ご馳走様でした~

5年ぶりの「冬の九州旅」もそろそろ終わりです。

DSCF2278_convert_20170211170412.jpg
夜の熊本駅。コンビニへお買い物へ。
九州男児の店員さんがすっごく感じが良くて、すごく嬉しくなりました。

鹿児島、熊本。

自分にとって、初めての場所でしたが、
改めて、日本って素晴らしい!
と、再認識出来た旅となりました。
市役所を出たあと、
次に足を止めたのは、

DSCF2234_convert_20170205144553.jpg
某国営放送の熊本放送局。

地震が発生した当日、
真っ先に熊本市内の様子を写した映像が、
とても印象に残っています。

ここに放送局があるということは、
この近くに、あの日カメラが写した場所が近くにあるはず!

そして、その場所はありました。

DSCF2237_convert_20170205145703.jpg
紛れもない、この場所から写した熊本城の様子を、
あの日、自分はテレビの映像から固唾を飲んで見守っていました。

そうか~
この場所からだったんだ。

そう思ったら、やっぱり熊本城の上が青空。
不思議です・・・

そして、

熊本に来たら絶対買おう!
と思っていたお菓子がありました。

それは、熊本菓房のカスタードケーキです。

2014年7月、ニューヨークに行った時の機内食出たAIRくまモン
その時にいただいたカスタードケーキの味が忘れられなかったんです!

DSCF2239_convert_20170205144906.jpg
鶴屋百貨店の地下にお店があることを事前に調べていました。

DSCF2267_convert_20170205150151.jpg
そして、念願のカスタードケーキを購入!嬉しい~♪

あの時はストロベリーでしたけど、
抹茶もあるんですね~
自宅まで持って帰ることにしました。

そして、自宅で美味しくいただきました。
今まで出会ったカスタードケーキの中でいちばん美味しい!!
絶品です!!

DSCF2240_convert_20170205144944.jpg
地元密着型は、バスで移動(笑)

DSCF2241_convert_20170205145041.jpg
水前寺成趣園へ。

DSCF2251_convert_20170205145220.jpg
地震直後、地下水脈が変わってしまって、
池の水が無くなってしまったと聞いていたけど、
並々と水があって安心しました。

ちなみに、水がなぜ戻ったかは原因不明なんだそうです。

DSCF2245_convert_20170205145132.jpg
「長寿の水」。頂かなきゃですね^^;

DSCF2247_convert_20170205145300.jpg
水が美味しい有難さ。

DSCF2252_convert_20170205145344.jpg
もう、何度も言っておりますが、
こうして旅が出来ることの幸せ。

DSCF2257_convert_20170205145439.jpg
生きていられることが不思議だと言っても過言ではない昨今。
そんな気持ちを胸に抱いて、命の有難さを感じずにはいられませんでした。

忙しさにかまけて
忘れがちになっている大事なことを
思い出させてくれた旅となりました。

自分からの熊本への思い・・・

DSCF2258_convert_20170205145519.jpg
がんばって熊本!!
でも、あんまり頑張り過ぎないでね。


熊本菓房
ホームページ:
DSCF2208_convert_20170205143115.jpg
市電に乗って熊本城へ。

DSCF2209_convert_20170205143144.jpg
Suicaが使えるので、関東の方々にもとっても便利♪

DSCF2210_convert_20170205143220.jpg
鹿児島もそうでしたが、市電が走ってる街って雰囲気がとても素敵です。
その街の象徴とも言えるからでしょうか。

熊本城を目指して歩き始めると、
早速、目に入ってきたのが・・・

DSCF2211_convert_20170205143306.jpg
大きく崩れた石垣。
本当にこの場所に大きな地震が襲ったという傷跡。

DSCF2216_convert_20170205143403.jpg
熊本地震でいちばん衝撃を受けたのが、この熊本城。
まるで、傷を負って痛々しい勇者のように見えたのでした。
お城にはあまり興味のない自分も、
今の熊本城の姿には、やるせない気持ちになりました。

今、熊本城に近づくことは出来ません。
その姿を見守っていた自分たちに、警備の方が近寄って来て下さいました。
きっと、呆然としていた自分たちが、哀れに見えたのかもしれません。
そして、近くの市役所の14階からなら、熊本城全体が見えることを教えて下さいました。

DSCF2218_convert_20170205143737.jpg
市役所の14階から見た熊本城。

DSCF2217_convert_20170205143600.jpg
たった一ヶ所残った石垣の柱を、巨大ジャッキで支えています。

DSCF2221_convert_20170205143941.jpg
ジャイアンツの皆様も復興を応援。

DSCF2224_convert_20170205144009.jpg
熊本城の地震被害。

DSCF2225_convert_20170205144052.jpg

DSCF2227_convert_20170205144217.jpg
でも、本当の真実は、この14階にあったのです。
こうして、写真を撮っている廊下の背にあったのは、
家屋倒壊申請の会場でした。

そうです。ここは市役所。
この場所で、自分たちが観光気分で熊本城の写真を撮り続けることが、
本当に申し訳ない気持ちになる。
地震で被害を受けた方とそうでない人たち。
熊本の皆様を傷つけてはいないかと心配になりました。

でも、それがいつ我が身になるかは分かりません。
そして、そうなった者でないと分からないことがあることも、
自分は、少しは理解しているつもりです。
一昨年の自分たちがそうであったように・・・

DSCF2228_convert_20170205144252.jpg
「とても長い年月を要します。」が心に響きます。
今は、心の底から、一日も早い復興を願うばかりです。

DSCF2232_convert_20170205144634.jpg
そう思ったら、熊本城の上に少しだけ青空が見えてきました。
早く、雲ひとつない青空の熊本城が見たい!元気な熊本城が!

DSCF2231_convert_20170205144345.jpg
天然水も南アルプスではなく、ここでは阿蘇の天然水なのですね。

DSCF2233_convert_20170205144436.jpg
色んな思いを胸に、市役所をあとにしました。


熊本城
ホームページ:

(地図は、Google mapsさんよりリンクさせていただきました。)

WHAT'S NEW?