遠い記憶を辿って・・・

 23, 2014 05:00
20140403001.jpg
祖母に会いに行って来ました。
会いにと言っても、もう祖母はこの世にはいないのだけれど、
たまに思い出す遠い記憶には、
あの時の祖母の姿が写し出されています。

20140403002.jpg
暑い夏休みの午後、
雷とともに大粒の雨が降り出した時は、
いつもこの屋根の下に居ました。

網を振り回せば、必ず何かが捕まえられるくらい、
とんぼや蝶々が無数に飛んでいた庭。

20140403003.jpg
母のお兄さんご夫婦はもう80歳だけれど、
いつもご馳走を作って待っていてくれます。

きっと、この次来た時も元気でいてくれるはず。
そう信じて、握手をしておばあちゃん家をあとにしました。

20140403004.jpg
母が大昔に、就職のために東京に向かった駅。

20140403005.jpg
子供の頃に来た時はまだ駅員さんが居たけれど、
今は誰もいません。

20140403006.jpg
叔父さんに会うのはすごく久しぶりだけど、
叔父さんはおばあちゃんの弟だから、もうかなりの高齢です。

でも、この踏切を越えて来る時、すぐに叔父さんだと分かりました。
叔父さんは通りに椅子を出して座って待っていてくれました。
記憶って忘れていても、心のどこからか引っ張り出されてくるものです。

20140403007.jpg
新幹線がまだ無くて、1時間に何本も特急が走っていた線路。

子供の頃、特急が無くなってしまって、
新幹線を恨んだことがありました。

だからかな。
もう新幹線には10年以上乗っていません。

20140403008.jpg
初めて来た母が出た小学校。

20140403009.jpg
偶然にも、この3月で閉校になったことを後で聞かされました。

20140403010.jpg
そんなこととは知らず、姪っ子とふたりしてブランコを漕ぎました。

20140403011.jpg
人間が老いてしまうことを、
誰もがいつか、気づいてしまう時が必ず来るのだけれど、
遠い記憶を辿ると、昨日のことのように思い出される日々は、
心の中でずっとそのままでいてくれるはず・・・

いつまでも忘れたくない風景がそこにありました。


追伸:今日は個人的な気持ちをお話ししましたので、
   コメントは受け付けない設定にさせて頂きました。
   何卒、ご了承くださいます様、お願い申し上げます。

WHAT'S NEW?