日本最北端の地へ

2015.07.30 21:11|2015.7 北海道
201507a004.jpg

遥か北へ。
日本人として生まれたからには、
一度でいいから是非、日本の最北端に行ってみたい・・・
という夢が叶いました。

そして、そこは想像していた以上に、
過酷の地であること思い知らされました。

今は夏だから、
我々のような本州の人間でも気軽に来ることが出来るけど、
冬になったら何もかもが白銀の世界に閉じ込められてしまう・・・
そのような過酷の地の短い夏を感じています。

ここで暮らす人々は皆逞しい。
同じ日本人でありながら、
住む場所によってこうも違う人生。

生きるって本当にすごいことなんだって、
すっかり忘れかけていた当たり前のことを、
やっと思い出させてくれました。

201507a005.jpg

帯広から始まり、
富良野、美瑛、旭川、昨日は稚内まで無事に到達しました。

微かに利尻島の島影を見るも、
その先の礼文島までは残念ながら見ることが出来ませんでした。

それは、いつか生きてるうちの楽しみにとっておくことにして、
あわよくば、この足でその地へ渡りたいと思うようになりました。

201507a006.jpg

念願の日本の最も北の場所。

こんなところまで日本なんだって思うと、
何だか不思議な思いが過ります。

わずか四十数キロ向こうのサハリン。
日本時代は樺太と呼ばれていた場所。

もし、今もそこが日本だったらどんな風になっていただろう。

今の最北の地で不思議に思うのだから、
そこが日本だったらもっと不思議に思うのだろうか。

そのサハリンの姿も低い雲に覆われていて見ることが出来ませんでした。

さて、今宵はそこからまた数百キロ動いた場所にいます。

もう一度出来るかどうか分からない、
自分の北海道の旅はまだまだ続きます。

~窓から北の灯りが揺れてる、網走のホテルにて~

コメント

いいですね

こんにちは。
北海道を満喫されているようですね。
私は逆にこのような中で育ったので、
上京したときに本州の風景がなんとも新鮮でした(笑)
これが日本なのかと・・・
北海道の素晴らしさは、
他の都道府県では絶対に味わえない景色と空気だと思います。
ある意味、もう一つの日本がそこにあります。
今回の北海道旅行で、きっと、遥かなる大地が、
癒しと安らぎを与えてくれるはずです。
存分に楽しんで下さいね!

★KEIさん★

> こんにちは。
> 北海道を満喫されているようですね。
> 私は逆にこのような中で育ったので、
> 上京したときに本州の風景がなんとも新鮮でした(笑)
> これが日本なのかと・・・
>
> 北海道の素晴らしさは、
> 他の都道府県では絶対に味わえない景色と空気だと思います。
> ある意味、もう一つの日本がそこにあります。
>
> 今回の北海道旅行で、きっと、遥かなる大地が、
> 癒しと安らぎを与えてくれるはずです。
>
> 存分に楽しんで下さいね!
KEIさん、コメント有難うございました。
実は、旅の途中で同行の母が急病になり、
急遽、こちらの病院で入院することになってしまいました。
しばらくこちらに滞在し、母に付き添うことになってしまいました。
北海道にこんなに長く滞在することも今後ないと思います。
が、こんなことで北海道に長く居たくないですね・・・
ここまで順調に旅を続けていたのに、とても残念です。
また回復次第、KEIさんにもご連絡させて頂きます。
非公開コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

ANA (4)

プロフィール

ユ・ミヌ(유민우)

Author:ユ・ミヌ(유민우)

@take_79.5


当ブログで使用している歌詞・画像・動画等は個人で楽しむものであり、全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。
権利を侵害するものではありません。

ブログランキング




にほんブログ村

リンク

月別アーカイブ

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

Flag Counter


四つ葉のクローバー

「四葉のクローバー」ブログパーツ

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ