14年ぶりの板門店ツアー(後編)*南北統一はいつのことになるのだろうか?

 16, 2016 06:05
DSCF1572_convert_20161009160339.jpg
前編で見学した板門店を上から見た模型。手前は韓国側、上が北朝鮮側。
自分たちは、中央のあの青い建物の中に入りました。
その横を白い点線で結ぶ線が南北の境界線です。

DSCF1577_convert_20161009160513.jpg
北朝鮮が極秘で韓国に攻め入るために掘り進めたトンネル、第3トンネルへ。
この場所には、今現在も地雷が無数埋まっているそうです。

かなり急こう配のトンネルを、トロッコ列車で進みました。
こちらへは、14年前には来ていないので、初訪問となりました。

DSCF1579_convert_20161009160605.jpg
続いて、都羅展望台へ。

DSCF1581_convert_20161009160646.jpg
韓国軍の若い兵士さんが、素晴らしい日本語で説明して下さいました。
最後は、「ご清聴有難うございました。」と仰っていました。

DSCF1582_convert_20161009160747.jpg
遠く、北朝鮮を望む。
あらゆる場所で北朝鮮を望んだ自分。
そして、いつも感じるのは、近くても手の届かないもどかしい場所。
人々は願っているのに、願っても願っても届かない・・・

DSCF1583_convert_20161009160824.jpg
霞む彼方にかすかに見える北朝鮮の開城の街。

DSCF1587_convert_20161009160905.jpg
南北統一の夢を繋いだ鉄路。

DSCF1597_convert_20161009160942.jpg
その出発地点、都羅山駅へ。

DSCF1593_convert_20161009161117.jpg
駅構内の改札口に掲げる「乗り場、平壌方面」の案内板。
こちらで、すべての見学が終了しました。

夢のようで夢でない現実を目の当たりにして、
14年ぶりに貴重な体験をさせていただきました。

自分が肌で感じたことを、ずっと心の片隅に閉まって・・・

DSCF1598_convert_20161009161200.jpg
ソウルへ戻る途中の道路脇には無数の秋桜が咲き乱れていました。

痛かった辛い傷が少しずつ癒されますように。
この星の片隅でずっと願っています。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?