FC2ブログ
ユ・ミヌ(유민우)

あの日通った網走川沿いの道

女満別空港着陸後、機内の皆様がすべて降機された後、
JALの職員の方が、飛行機の出口まで車椅子押して迎えに来て下さいました。

母と共に、荷物の受け取り口まで送って頂き、
本当に有難うございました。

さて、ここからがまた大変。

空港のロビーで、母をベンチに座らせ、
スーツケース、簡易の車椅子を見ててもらい、
自分はレンタカーを借りに行きました。

DSCF2949_convert_20170813213808.jpg
車を借りて、再び空港へ母を迎えに行き、
いよいよ網走市内へ向かいます。

DSCF2952_convert_20170813213841.jpg
途中、メルヘンの丘に立ち寄りました。
何度も観た、ここからの景色がとても懐かしい。

DSCF2957_convert_20170813214044.jpg
網走駅、そして今回の旅の宿は、

DSCF2959_convert_20170813213914.jpg
その真正面にある、ホテルルートイン網走駅前です。
2年前、母が怪我をする日の朝まで泊まっていた場所です。

DSCF2960_convert_20170813214018.jpg
実は、母が入院してから自分が泊まっていたのは、
隣りにある東横インでした。
連泊なので、東横インカードもこちらで作りました。

どちらのホテルも自分にとって、思い入れのある場所・・・
母は入院していたので、あまり覚えていないそうです。

DSCF2961_convert_20170813214106.jpg
ホテルに荷物を置いてから、母に時間をもらって、ひとり散策へ。

DSCF2963_convert_20170813214207.jpg
右に東横イン。道路を挟んで左がルートイン。

DSCF2964_convert_20170813214126.jpg
病院の行き帰り、まっすぐホテルに帰るのが嫌で、
わざと網走川沿いの遠回りして、この階段を上がって帰っていました。

DSCF2962_convert_20170813214148.jpg
穏やかに流れる網走川、時折ウミネコが空を掠めます。

DSCF2965_convert_20170813214227.jpg
さて、今夜は母の昔の同僚の方と20年ぶりの再会。
美幌から訪ねて来て下さる予定です。

DSCF2968_convert_20170813214327.jpg
大浴場でさっぱりしたあと、ホテルの居酒屋で先に母と乾杯!

DSCF2967_convert_20170813214307.jpg
母は自分を産む前、東京・赤坂の某所で働いていました。
その頃母は、羽田に住んでいたそうです。

DSCF2969_convert_20170813214349.jpg
同僚の方とは、電話やメール、葉書のやり取りはしていましたが、
会うのは20年振り。それも女満別空港で会ったのが最後。
実はその時、自分も妹も一緒でした。

DSCF2970_convert_20170813214409.jpg
同僚の方は、実は東京の品川のご出身で、ご主人の仕事の関係で北海道に移住されたそうです。
北海道での生活、羨ましくもあるけど、当初はきっと大変だったろうなぁ。

再会後は、ご挨拶と少しお話させていただきましたが、
積もる話もあるだろうし、あとはお二人でごゆっくり。

DSCF2966_convert_20170813214248.jpg
自分は先に部屋に戻って、ひとり2次会。
網走流氷ビールもあれ以来、懐かしい美味しさ!

母が部屋に戻って来た時は、涙。
「今度はいつ会えるだろう」
歳を重ねると、そんな時間も少なくなってくるのが切ないなぁ。
と思う夜でした。

鬼息子、網走一日目の任務終了(笑)
ユ・ミヌ(유민우)
Posted byユ・ミヌ(유민우)

Comments 2

There are no comments yet.

こえだ

二つだけ(笑)。

こちらの記事も拝見させていただいた後、いつもながらだけど、感じるものがいくつも残りました。それをまた綴ると例によって長いので、すべてカット(笑)。

ですが、二つだけ。(やっぱり書くんか:呆)

お母様とお母様の気持ちに寄り添って走り回ってらっしゃる中なのに、これだけ写真を撮り残せるということ。……これは凄い。
お母様と2人で乾杯が出来ること(自分、恥ずかしながら父とも母ともグラスを交わしたことが1度も有りません:呆)。……素敵だなぁと。

ありがとうございました。

2017/09/04 (Mon) 18:39

ユ・ミヌ(유민우)

★こえださん★

こえださん、いつもコメント有難うございます!!

> こちらの記事も拝見させていただいた後、いつもながらだけど、感じるものがいくつも残りました。それをまた綴ると例によって長いので、すべてカット(笑)。
え~っ、カットですか!?(笑)

> ですが、二つだけ。(やっぱり書くんか:呆)
ぜひぜひ!^^;

> お母様とお母様の気持ちに寄り添って走り回ってらっしゃる中なのに、これだけ写真を撮り残せるということ。……これは凄い。
> お母様と2人で乾杯が出来ること(自分、恥ずかしながら父とも母ともグラスを交わしたことが1度も有りません:呆)。……素敵だなぁと。
そこですか~^^;
そこに注目して下さるのはきっと、こえださんだけだと正直に思いました。
実は、仰る通り、写真どころではない状況が続く中で、
ブロガー魂というよりかは、「責任」みたいなものを感じています。
このブログでは、2年前の北海道の状況を事細かに書き上げていますし、
少なからずとも、その頃から訪れて下さる方がいらっしゃると思うんです。
(こえださんもその中のお一人・・・)
その方々に、今回、自分がどんな思いで、どんな状況で旅をしたのか、
ぜひ見届けていただきたい。という気持ちがありました。

「見届ける。」
そう、この旅の最後には、思わぬ気持ちを口にすると思います。
(って、ドラマや小説のような口ぶりですが、そんな大したことはないです^^;)

> ありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございました。
そうそう、乾杯ですが、自分は案外する方ですね~
まぁ、どんな時もお酒を頂くときはどなたとも乾杯する方です(笑)

2017/09/05 (Tue) 11:50